日曜のお昼にみんなで学びませんか?
岡山理科大学や倉敷芸術科学大学などの教授陣が学びの楽しさをお伝えします!
濱家輝雄と杉澤眞優(RSKアナウンサー)がナビゲート!

2019年8月25日(日)

ラーメンのスープを燃料にする

今週から2回にわたって、岡山理科大学の近藤千尋先生に身近な廃油からエンジン用燃料のバイオディーゼルについお話をお聞きしました。

バイオディーゼル燃料は廃油を燃料に再生し、地球温暖化にも対応できる燃料として注目されています。
近藤先生は、このバイオディーゼル燃料について分析やどのくらいのコストでできるのかなどの研究を行われています。
スタジオにいろんな油で作ったバイオディーゼル燃料をお持ちいただきました。

学生の皆さんと取り組まれたのがラーメンの残り汁の油を燃料に変えるというもの。
実際に学生達とたくさんラーメンを食べて研究に没頭されたそうです。

また大学の職員に仲介してもらい、お店にも協力いただいたそうです。
アットホームな研究室の雰囲気が伺えるエピソードでした。

2019年8月18日(日)

人と犬

今回も人と犬、そして社会の動きについてお話をお聞きしました。

岡山県では飼育者の意識が低く、なかなか犬の正しい飼育方法がとられていないのが現状だそうですが、倉敷市ではボランティアの方々が譲渡活動を行い殺処分ゼロが達成できているということです。
また、動物愛護法も改正されることも決まっています。

倉敷芸術科学大学では、学生が地域と繋がり社会の中で学べるように1ヶ月に1回譲渡会に参加するなど積極的に活動を行っています。
学生と先生の距離が近いのも、こうした活動を一緒に行っているからだと思います。

その様子をぜひオープンキャンパスで体感ください!
8月24日(土)開催!
https://www.kusa.ac.jp/open-campus/summer-mini
※事前エントリーいただくと、当日スムーズにご参加いただけます。もちろん事前エントリーなしでの参加もOKです。





2019年8月11日(日)

人と犬

今週は、「人と犬」をテーマに獣医師でもある川添先生にお話を伺いました。

倉敷芸術科学大学では、学生たちが動物のことを学び、地域の方々と交流ができるように犬などのお世話をしています。
もちろん体調管理なども行い、犬を扱うプロとして日々励んでいます。

また、動物生命科学科では動物看護師の養成も行っており、3年後には「愛玩動物看護師」という名称の国家資格になります。
動物が好きな高校生のみなさん、ぜひ8月24日(土)のオープンキャンパスへ!

https://www.kusa.ac.jp/open-campus/summer-mini
※事前エントリーいただくと、当日スムーズにご参加いただけます。
もちろん事前エントリーなしでの参加もOKです。



2019年8月4日(日)

災害対応ロボットとレスキューロボットコンテスト

前回は、災害対応ロボットやレスキューロボットについて衣笠先生と宮本くん、伊藤くんに実演も含めて話していただきましたが、今回は授業内容について学びました。

現在、岡山理科大学では春1・2、秋1・2の4学期の構成にすることで知識が身に付きやすくしているそうです。
そして、衣笠先生の授業というと…ロボット工学では2足歩行のロボットを自分で設計しちゃんと歩いたら合格!という分かりやすいようで非常に難しい授業らしいのです。

宮本くん、伊藤くんは自分でプログラムを書いて、自分の思う通りに動いた時が一番楽しい!と話してくれました。
そして、「コブラ」もスタジオで実際に動かしてもらいました。衣笠ゼミのアットホームな雰囲気が感じられた収録でした。