RSK山陽放送トップページ

自民・武井衆院議員 書類送検 “無保険”“車検切れ”容疑 当て逃げされた被害者語る

 自民党の武井俊輔衆院議員を乗せた車が当て逃げ事故を起こしていた問題で、被害者の男性が初めてカメラの取材に応じ、「誠意ある謝罪」を求めました。武井議員は5日、車が無保険だった容疑などで書類送検されています。
当て逃げされた被害者 「左側の腰です。要するに車とぶつかって。3日間くらい寝たまんまで、よくなりかけるとまた(痛く)なるんですよ」  腰の打撲や足の捻挫と診断されたという男性(57)。去年6月、東京・六本木で自転車に乗っていたところ、乗用車に接触されました。しかし、車は走り去り、男性が追いかけると、150メートルほど先で停まったといいます。後部座席から出てきたのは、自民党の武井俊輔衆院議員(46)。 当て逃げされた被害者 「(武井議員に)『私は関係ないんで』と言われたときは、あまりにびっくりして間があいた。とにかく謝罪は一回もないです」  当時、事故について武井議員は・・・ 自民党 武井俊輔衆議院議員(去年6月) 「我々当たったという認識が全くなかったものですから」  しかし、警視庁は5日、車を運転していた政策秘書の男性(64)を当て逃げなどの疑いで書類送検しました。さらに、車の車検が切れ、自賠責保険も切れていたため、所有者である武井議員も自動車損害賠償保障法違反の疑いで書類送検しました。  捜査関係者によりますと、ドライブレコーダーには、武井議員とみられる声で「行ってしまえ」という音声が録音されていたということですが、事情聴取に対し、「逃げろという趣旨ではない」と説明していて、当て逃げ容疑での立件には至りませんでした。 当て逃げされた被害者 「国の代表なんですから、何かやった時に人に謝るとか、普通のことじゃないですか。どこに怒りをぶつけていいのかわからないですよね」  被害者の男性は、今も「誠意ある謝罪」を求めています。(05日17:21)

JNNニュース一覧