RSK山陽放送トップページ

“終わった男”が“総理”になるまで ー岸田総理側近が明かす秘話ー

■「8月26日。強く印象に残っている」
「また来年もしっかりと政治の責任を果たすべく頑張りますので、また皆さんの立場で色々政治についてご意見を頂ければと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします」 2021年、官邸での最後の仕事を終えた岸田総理は、我々記者団にこう言って頭を下げた。記者から2021年はどんな年だったかと問われ、総理は迷う様子なく、答えた。 「今年1年振り返って、特に8月26日に自民党総裁選挙に立候補を表明しました。あれから4カ月が大変慌ただしい日々でした。強く印象に残っています」 岸田氏が、感慨深く振り返った「8月26日」。岸田政権の誕生に、この日がどんな意味を持っていたのか。総理側近らが、その“舞台裏”を明かした。 ■「自分は出るんだ、これはもう迷ったこともない」 「もうかなりやる気が違うな、と率直に感じました」当時の話を振り返るのは、内閣官房副長官の木原誠二氏。岸田派の事務局長でもあり、岸田総理の最側近のひとりだ。ある自民党の重鎮も「岸田総理は木原氏に全幅の信頼を寄せている」と話す。 木原氏は、当時「総理がコロコロ変わるのは良くない」との思いから、「今回、岸田氏は総裁選に出馬するべきではない」と考えていた。しかし、その考えは、岸田氏自身の固い決意の前に崩れ去る。 岸田氏が出馬表明する2日前の8月24日。木原氏は岸田氏からこう告げられた。 「自分は出るんだ。これはもう迷ったこともない」 これを聞いた木原氏は、岸田氏の「本気度」を感じ取り、こう思った。 「闘いが来たな」ー。 ■「岸田はもう終わった」 岸田氏はこれまで、“決められない男”、“岸田はもう終わった”などの批判がつきまとってきた。 安倍政権下の2020年4月、政調会長だった岸田氏は、新型コロナの緊急経済対策として、政府が講じた“10万円給付”の政策責任者だった。しかし公明党などの反対で、一度決定していた“所得制限付きの30万円案”から“一律10万円給付”に覆る事態に。大きな混乱が生じ、“30万円給付案”を主導した岸田氏に対して「決められない男」との声が相次いだ。 さらに、7年8か月という長期政権となった安倍元総理の退陣に伴う2020年9月の総裁選。岸田氏は、安倍政権で要職も数々歴任し、安倍氏とは当選同期の関係でもある。「ポスト安倍」として、いわゆる“禅譲狙い”とも見られていたが、安倍氏が後継に選んだのは、菅前総理だった。岸田氏は、去年の総裁選に出馬するも、大敗。“無役”となった。 「岸田は終わった」 こんな言葉が飛び交った。 しかし、岸田氏の“闘志”は、この2020年の総裁選での敗戦の時からもう始まっていた。木原氏は振り返る。 「岸田新政権の発足は、岸田総理が必ず次も出馬するんだということを、ご自身の心の中に持ち続けていたということが1番大きかった。去年の総裁選以降、派内でいくつもの勉強会を行い、着々と準備を進めてきました」 総裁選の翌月に行われた宏池会(岸田派)のパーティーで岸田氏は「宏池会を“政局”で戦闘能力を持つ集団に進化させる」と宣言。岸田氏にとって、得意ではないとされてきた“政局”を意識した発言だった。そして、岸田氏は、派閥の事務局長に木原氏を抜擢。当時当選3回の村井英樹氏(現総理補佐官)や小林史明氏(現デジタル庁副大臣)ら、数多くの派内の中堅・若手の議員らと、次の総裁選に向けた戦略を練ることに着手した。 ■お膝元・広島での敗北 二階氏との“確執”も 岸田氏の試練は続いた。2021年4月、お膝元の広島で、河井夫妻による大規模買収事件を受けた参議院広島選挙区の再選挙が行われた。自民党にとっても、岸田氏にとっても、“絶対に負けられない戦い”だった。岸田氏は、自ら広島県連会長を引き受けて地元に張り付き、陣頭指揮を執った。しかし、結果は、自民党候補の敗北。岸田氏は、地元・広島で、自民党への信頼失墜の大きさを痛感することとなった。同時に、この選挙での敗北は岸田氏自身も総裁への道がさらに遠のいたと見られ、まさに窮地に追い込まれたといってよかった。 選挙で絶大な力を持つのは、幹事長だ。再選挙での敗北直後、岸田氏は、険しい表情で二階氏の部屋を訪れ、「政治とカネ」の問題について党としての責任をしっかり果たすよう、強く求めた。岸田派の幹部は「岸田氏と二階氏は、“因縁の関係”だ」と語る。 ■東京五輪の裏で・・・「菅総理では選挙が戦えない」 一方、国内は、東京五輪の開催中も新型コロナの感染拡大が収まらない。東京では8月に入ると初めて新型コロナの新規感染者が5000人を越えるなど、感染収束のめどは立たなかった。こうした中、8月25日、菅総理は記者会見でこのように話した。 「現在進めているワクチンの接種、デルタ株に対しても、明らかな効果があり、新たな治療薬で、広く重症化を防ぐことも可能です。明かりははっきりと見え始めています」 「楽観的すぎる」「国民との意識のかい離が大きすぎる」など菅総理に対する批判は集中し、内閣支持率は過去最低を更新。衆議院議員の任期が10月に迫る中、「菅総理では衆院選は戦えない」との声が大きくなっていった。岸田氏が菅総理に挑もうとしていた当時は、こうした雰囲気が党内にまん延し始めていた。 ■決戦前夜・・・“手書き”の骨格「こういう内容でやりたいんだ」 菅総理のこの会見とちょうど同じ日、岸田氏は、岸田派の村井氏や小林氏ら中堅・若手のメンバーをホテルに集めた。 「こういう内容でやりたいんだ」 ここで岸田氏は翌日26日の会見で話す骨格を披露した。全て手書きで書かれてあった。若手議員らはそれを見てパソコンに打ち込み、「1つエピソードを入れようか」などと岸田氏と話し合った。その場所に居合わせた木原氏は、ここでも岸田氏の「強い意志」を改めて感じたという。 「昨年から1年かけていろんな勉強会・議連をやってきたものをご自身が自分の頭の中で整理をされて、ご提示をいただいたので、『もうかなりやる気が違うな』ということは率直に感じました」 ■勝負の日「8月26日」 一世一代の“賭け”「二階氏への挑戦状」 こうした中、迎えた運命の「8月26日」。自民党総裁選に最初に手を挙げたのが岸田氏だった。 「昨年の総裁選挙で敗北し、『岸田はもう終わった』と厳しい評価の声も頂きました。率直に言って、私の努力不足、力不足でありました」 こう口にした。負ければ後はないが、推す声は少なく、完全の“劣勢”の岸田氏。ここで“一世一代の大勝負”に出たのだ。 「総裁を除く役員については、1期1年連続3期までとすることによって、権力の集中と惰性を防いでいきたい」 連続3年以上役員を務めることはできないとする“改革案”。歴代最長の5年以上にわたり幹事長を続けてきた二階氏に対する“挑戦状”とみられた。 この“挑戦状”は、二階氏が全面的に支えてきた菅総理に対する“宣戦布告”でもあった。岸田陣営も当時、「対菅」戦略を考えていたのだ。 ■側近明かす秘話「党改革案は宏池会の若手で1年間議論してきた集大成」 「党改革」の打ち出しは、狙い通り、流れを変えた。木原氏は、この党改革のアイディアについて、こう明かした。 「党改革も宏池会の若手で特に青年局のメンバーを中心にずっと議論してまとめていた。若手の中には、登用されない、自分たちの声が届かないという不満があった。まさに1年かけて、派内で議論してきた、その集大成だった」 木原氏は「どなたか特定の方を認識して、意図して話したことではなかった」と話す一方、若手の党執行部への不満が今回の党改革案に繋がったのではないか、と振り返る。さらに、4月の参院広島選挙区の再選挙での敗北も若手を中心に焦りや危機感が大きくなったという。若手の間で、党改革をしっかりやろうという思いが強くなったきっかけになる出来事だった。 ■焦る菅総理 9日間の“迷走”の末に・・・ 「私に遠慮せずやれ」 岸田氏の出馬会見から4日後の8月30日。 菅総理は二階氏に党役員人事を行うことを伝え、二階氏もこう了承した。しかし…菅総理への支持は広がらなかった。むしろ、党内の亀裂が深まり、当初考えていた党役員の交代もできない形に追い込まれた。その結果、 「私自身、新型コロナ対策に専任をしたい、そういう思いの中で自民党総裁選挙には出馬しない」 9月3日、菅総理は自民党総裁選への不出馬を表明。岸田氏の出馬会見から9日間で明暗が分かれた。ある岸田派のベテラン議員は「総裁選の行方を決めた日は8月26日だった。毎年、この日にお祝いをしたい」と振り返った。 4人で闘う構図となった総裁選は、決選投票で岸田氏は河野氏を制し、総裁の座をつかみ取った。 ■側近が語る総理就任後の変化「“決められない”男から“決断の早い”男に」 背水の陣の総裁選に勝利した岸田氏。矢継ぎ早に今度は、総理就任後、わずか10日で解散する。まさに“奇襲だった”。今でも岸田氏は、あの時のことを語っている。 「コロナの感染状況や与野党の駆け引きなど、色々考えた末に就任して10日で解散しました。もし私が選挙で負けていたら結果として第100代総理大臣として30日余りで終わってしまっていた。政治家として大きな賭けでありました」 衆院選で、自民党は改選前から議席は減らすものの、絶対安定多数の261議席を獲得した。岸田氏のいわば“賭け”がことごとく成功した。 木原氏は、こうした例からも「決断がものすごく早くなった。総理になってさらに変わった」と語る。決断の早さには、傍にいながら驚くこともあるという。 2022年は、コロナ対策や経済政策、外交と、政権が向き合う課題は山積している。さらに、夏には、今後の政権運営の命運を握る参議院選挙が控えている。岸田総理の掲げる「新時代共創内閣」。新たな安定政権を築き、国民にとっての成果を残すことができるのか。正念場となる2022年、岸田総理の“手腕”が問われている。 TBSテレビ報道局政治部 官邸担当中村 由希(31日13:17)

JNNニュース一覧