RSK山陽放送トップページ

長嶋茂雄さん「野球人生で誇れるのはトロフィーや賞の数でなく、反骨心」高橋尚子さんに送った激励の手紙 病魔との戦いと五輪への思い

巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(85)が15日、都内で、シドニー五輪女子マラソンの金メダリスト・高橋尚子さん(49)の独占インタビューに応じました。アテネ五輪の代表選考レースで敗れ、失意のなかにいた高橋さんの元に届いた、長嶋さんからの手紙。長嶋さんと高橋さんには運命的とも言える接点があり、高橋さんは「勝手に縁を感じていた」といいます。
■「“こういう様にやるんだ”という気持ちは持っている」高橋:今でもリハビリはずっと続けていらっしゃるんですか? 長嶋:やってるよ。リハビリを始めて約17年になるからね。 高橋:身体だけではなくて、話すのもやっぱり困難なときもあったと思うんですよね。それでも積極的に人前に出られた、その思いはどんな思いですか? 長嶋:今でも8割くらいしか話ができないけれど、表に出た場合は「こういう様にやるんだ」という気持ちは持ってますから。 高橋:今でも頻繁に現場のほうに行かれて、声を掛けたり指導されたり。その思いは変わってないですか? 長嶋:同じ。一緒です。 ■「本当に野球をやっていて良かった」長嶋さんは今年、国民的ヒーローとして野球界の発展に尽力した功績で、文化勲章を受章。11月3日に皇居で親授式が行われ、天皇陛下から勲章が贈られました。日本の野球文化は、常に、ミスターと共にありました。 高橋:文化勲章の受章、おめでとうございます。 長嶋:ありがとうございます。 高橋:球界初の栄誉ということで、受章されてどんな思いになられましたか? 長嶋:野球界で初めてということで、何とも言えない嬉しさ、喜びが出て、他のものはもう無いような気がしますね。本当に野球をやっていて良かった。 高橋:振り返ってみたときに、1番思い出に残っている試合だったり、シーンは何でしょうか? 長嶋:「10.8」の、あのゲームは最高のゲーム。 「10.8決戦」として今も語り継がれる、1994年10月8日のセ・リーグ最終戦。同率首位の巨人と中日が直接対決し、勝った方が優勝となる世紀の一戦を制したのは、長嶋巨人でした。 長嶋:あの試合は、今までの野球の試合の中で すごい試合をしたという気持ち。 高橋:あの試合(「10.8決戦」)はすぐに思い出されますか? 長嶋:思い出しますね。あとは何と言っても(昭和天皇・皇后)両陛下が初めて野球に来られた試合。 今から62年前の1959年、プロ野球初の天覧試合。阪神と戦った巨人は、長嶋さんの劇的なサヨナラ本塁打で勝利しました。 長嶋:あの試合もまた、野球人生の中でもね、いい試合だったと。大変いい試合の内容でね。 高橋:その様子は脳裏に焼きついていますか? 長嶋:(頷いて)今でも分かっているもんね。 ■「野球人生で誇れるのはトロフィーや賞の数でなく、反骨心」実は、長嶋さんと高橋さんには、運命的とも呼べる、接点が・・・。2000年の9月24日。シドニー五輪で高橋さんが金メダルをつかんだ日に、長嶋さんが率いる巨人もリーグ優勝を達成。奇しくも同じ日に二人は頂点をつかんでいたのです。それにとどまらず、翌年、高橋さんがベルリンマラソンで当時の世界記録(2時間19分46秒)をマークした9月30日に、長嶋さんは引退セレモニー。「大切な日」が重なることに、高橋さんは「勝手に縁を感じていた」と言います。 インタビューの途中、高橋さんがおもむろに1通の手紙を取り出しました。高橋さんは、長嶋さんにどうしても伝えたいことがあったのです。 高橋:これ覚えていらっしゃいますか。2003年11月の東京国際女子マラソンで、私が失速してしまって、負けてしまったときに、すぐに私の自宅にお手紙が届いたんです。 18年前、アテネ五輪の代表選考レースで敗れた高橋さん。レース後、しばらく立ち直れないほどショックを受けていたといいます。そこに届いたのは、7枚にも及ぶ長嶋さん直筆の手紙でした。 高橋:ここで読ませていただいても良いですが? 長嶋:いいですよ。 高橋:私、どん底に落ちた時に(手紙に書かれた)この言葉に救われました。 『私にとって長い野球人生において、微かにでも誇れるものがあるとすれば それは トロフィーや賞の数ではなく、敵に幾度倒されても汚名をそそぐために逆境から再起しようとする反骨心だけだと、一人自負しています』 (長嶋さんは、無言で温和な表情を浮かべ優しく頷く) 高橋:この言葉を頂いて、ずっと私も「ダメなとき、ダメで終わるんじゃなくて、必ず反骨心を持って、再起するんだ!長嶋さんの言葉を胸に刻もう」と思ってきたんです。 長嶋:そのときの信念によってまた違うからね。5年、10年の間に全然、信念が変わってくることもありますよね。反骨心があればあるほど他の方向にいかない。 “反骨心”、この言葉に「長嶋茂雄の生き様」が詰まっています。プロデビュー戦で、不滅の400勝、金田正一投手に4打席連続三振。その悔しさをバネにルーキーながら本塁打王と打点王を獲得。それ以降、不動の「4番・サード」として、巨人をV9(1965〜73年)へと導き、黄金時代を築き上げました。 1975年、38歳で就任した監督としてのキャリアもまた、屈辱からのスタートでした。期待された監督1年目は球団初となるリーグ最下位。それでも監督通算成績はリーグ優勝5回、日本一2回と、その後の栄光は、やはり反骨心がもたらしたものでした。 ■壮絶なリハビリ・・・奮い立たせたのは“五輪への思い”2002年には日本代表監督に就任。しかし、アテネ五輪を目指していた2004年の3月、脳梗塞で緊急入院したのです。 長嶋:意識がなかったのは病院に入って、1週間から10日ぐらいだったと思う。(倒れたときはわからない?)わからないね。(意識が戻ったときの状況も)わからないね。 意識を取り戻した時は、どのような状況かわからず、そこから壮絶なリハビリの日々が始まりました。 脳梗塞の後遺症で今も右半身に麻痺が残りますが、この困難に真正面から向き合ってきました。脳梗塞の後遺症と戦う患者の多くは、自力歩行ができるまで回復すると、リハビリを終了するのが一般的です。しかし、長嶋さんは違いました。 高橋:「逃げたいな」とか「止めてしまいたいな」とかリハビリで思うことはなかったですか? 長嶋:ないないない。一生懸命ね、自分と勝負しようとやったからね。 高橋:あそこまで頑張るのは・・・自分を奮い立たせる思いとはなんでしょうか? 長嶋:一度でいいからオリンピックに出てみたいという気持ちがね、本当に強い気持ちがありました。 その思いを実らせたのが、今年7月の東京五輪開会式。3年前に胆石で入院するなど、ここ数年、体調がすぐれぬ日々が続きましたが、五輪の舞台に立つために努力を重ね、聖火ランナーを務めました。どんな困難にも負けない、長嶋さんの“反骨心”が実を結んだ瞬間でした。 高橋:王貞治さんと松井秀喜さんと3人であの場所に立つというのは、長嶋さんにとっていかがでした? 長嶋:聖火の灯を持って、何歩も歩いてね。「よかったな」という気持ちはありますよ。松井はニューヨークから来てね。「頑張りましょう」と。また側にいる王さんが「何とかしていい歩きをしなさい」と。オリンピックっていうのは、世界のオリンピックって言いますけど、国内のオリンピックは本当によかった。何とも言えない気持ちでした。 高橋:(東京五輪では)多くの人にどんなことをお伝えしたいな、どんな姿をお見せしたなと思われました? 長嶋:やっぱり元気な姿をね。 ■10.8決戦1994年10月8日にナゴヤ球場で行われた中日−巨人戦。129試合を終えた時点で巨人69勝60敗、中日69勝60敗と日本プロ野球史上唯一、ペナントレース最終戦時の勝率が同率首位で並んだチーム同士の直接対決となった優勝決定戦。テレビ視聴率は48.8%でプロ野球中継史上最高となった。試合は巨人が6−3で中日を下し4年ぶり27度のリーグ優勝。日本シリーズでは、西武を4勝2敗で破り、長嶋さんは、監督としては初となる日本一を達成した。1993年から12年ぶりに巨人監督に復帰してた長嶋さんは、同年はリーグ3位に終わっていた。 ■プロ野球初の天覧試合1959年(昭和34年)6月25日、昭和天皇・皇后両陛下が後楽園球場で行われた巨人−阪神戦を観戦された。試合は白熱した展開が続き、4−4の同点で迎えた9回裏、巨人・長嶋茂雄が阪神のエース・村山実から本塁打を放ち巨人がサヨナラ勝ち。プロ野球初の天覧試合は歴史に残る劇的な試合となった。 ■長嶋さんと“反骨心”プロデビュー戦で不滅の400勝金田正一投手に4打席連続三振も、その年に本塁打王&打点王の2冠。巨人9連覇・V9時代を牽引。1975年引退直後のシーズンに監督就任も球団初のリーグ最下位。しかし翌年リーグ優勝。監督で通算リーグ優勝5回、日本一2回。(17日14:30)

JNNニュース一覧