RSK山陽放送トップページ

イチローさん今年2校目の指導は千葉明徳 「まさか・・・夢のようです」全国で“1番”に届いた理事長の熱い思い

11月29日に国学院久我山で2年連続となる高校生への指導を行い、年内にあと2校への訪問を予告していたイチローさん(48・マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクター)が3日、千葉明徳(千葉・千葉市)で指導を行った。
今回の訪問は、イチローさんの学生野球資格回復を知った同校の福中儀明理事長が「これは動かないわけにはいかない」と即座にメッセージを送ったのがきっかけ。メッセージには、チームとして夏の大会でベスト8の壁を越えたいということ、技術的な成長はもちろん、人としての成長のためにぜひ一緒にプレーを、との思いを込めたという。理事長の熱い思いは、全国で“1番”にイチローさんの元に届いたそうで、イチローさんは訪問する3校を決める上で「ここは絶対に行こう」と千葉明徳への訪問を1番に決めたという。千葉明徳は3年連続で夏の全国高等学校野球選手権千葉大会で準々決勝敗退。まさに“ベスト8の壁”に阻まれている。メッセージを送った福中儀明理事長は「うちのような弱小チームに。まさか・・・夢のようです」とイチローさんと部員たちの様子を見守った。 イチローさんは年内、あと1校への訪問を予定していて「強い」「弱い」に関わらず、野球への純粋な情熱に向き合っていくとしている。 ■アマチュア指導イチローさんは2019年12月に学生野球資格回復研修を受け、昨年2月からマリナーズでの活動がないオフシーズンに限り、高校生や大学生への指導が可能となっている。(03日22:00)

JNNニュース一覧