RSK山陽放送トップページ

全世界のファン歓喜!なぜ?BTSが国連でスピーチしたワケ

韓国の人気アイドルグループ・BTSが国連総会に登場。若い世代に向けて「君たちはウェルカムジェネレーションだ」とメッセージを送りました。BTSが国連でメッセージを発したのは今回で3回目ですが、なぜBTSが国連でスピーチをしたのでしょうか?その理由や中身を解説します。
南波雅俊キャスター:BTSが国連総会に参加した理由は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領から「未来世代と文化のための大統領特使」に任命され、若い世代の代弁者としての役割を期待されているためです。また、今回は外交官パスポートで、アメリカに渡りました。これがあるとビザなどがなくても、アメリカに入国できるということです。 BTSが国連総会で演説するのは今回が3回目です。最初は2018年に開かれたユニセフの会合で、リーダーのRMさんが「肌の色や、ジェンダー意識は関係ありません」と述べ、自分自身を愛そう、そして自分自身を語ろうというメッセージを若者に発しました。そして去年「コロナ禍の若者へ」ということで、ジョングクさんが「人生は続く、共に生きていこう」とコロナで悩んでいる若者に向けて希望を持とうというビデオメッセージを送ったのです。 井上貴博キャスター:このように、アイドルグループなどが外交官パスポートで海外へ行くのは異例なんですか? TBSスペシャルコメンテーター 星浩さん:異例ですね。使用できるのはその期間だけですが、外交官パスポートには外交官特権がありまして、いろいろな検査やチェックを受けなくて済むということがあります。文在寅大統領の人気を取りたい、という思惑もあるのでしょうが、それでも韓国にとっては大変なキラーコンテンツですね。日本にこのようなコンテンツがあるかどうか、ちょっと考えますけどね。 南波キャスター:今回BTSが国連総会でどんなメッセージを発したのか。その内容です。 <BTS国連総会でのメッセージ>「コロナ禍で様々な機会を失った10代、20代が“ロスト”ジェネレーションと見られているかもしれないが、そうではない!“ウェルカム”ジェネレーションだ」 南波キャスター:『変化を恐れず受け入れて前に進む世代』だという言葉を発しました。このコロナ禍でもネットを通して新たな出会いがあったり、新たな勉強を始めたり、様々な挑戦をしている若者に向けてのメッセージになります。そしてリーダーのRMさんが「皆さんに伝えたい私たちの“ウェルカム”の挨拶」だとして国連本部で撮影した『Permission to Dance』のパフォーマンスVTRを披露しました。今、国連の公式のYouTubeにも映像が上がっていますが、21日18時時点で950万再生を超えているということで、全世界にも届いているということです。そして、このBTSの国連総会での演説は、全世界で約100万人がライブで視聴していました。全世界から様々なリアクションが届いています。 <BTSの演説についてのネット上のリアクション>スペインのファン:「BTSのメッセージが世界で受け止められるなんて本当にワクワクする。世界中があなたたちの声を聞いているわ」 南アフリカのファン:「若者の声を代弁し、勇気と希望を与えてくれてありがとう」 ベネズエラのファン:「同じ時間を過ごせて最高。今夜は彼らと同じ月を見ているんだわ」 ウルグアイのファン:「本当に誇らしく思う。ずっと愛しています」 南波キャスター:BTSの大ファン、Nスタの山内あゆアナウンサーとも話をしたところ「世界各国に友達ができたわ。言葉は通じなくてもBTSについてなら、共感しながら3時間は話せるわ」と話していました。 ホラン千秋キャスター:本当にBTSの皆さんはいろんな人の懸け橋になっているんだと思いますし、確かにコロナでいろんな機会を失ったという事実は変わらないかもしれませんが、それを「そうか、挑戦しているんだ」と捉え方を変えるきっかけをくださったようにも感じますね。 井上キャスター:最近特に感じますが、私自身は「コロナ禍の前にまだ戻りたい」と、どこかで思っているのですが、10代や20代の人と話すと「何を言っているんですか。今は今でこれを受け入れて、コロナ禍で何ができるのかを考えた方が楽じゃないですか」という、それこそ“ウェルカムジェネレーション”です。とても柔軟でしなやかさを感じました。 星さん:このようなポジティブな発想は意外とアメリカにも出ている。中南米にも受けるんですよね。そういった意味では、その辺がマッチしているのじゃないですかね。 井上キャスター:あとSDGsを軸に本当にふるいにかけられているというか。私たちテレビ局も遅れていると言われますが、本当にSDGsを軸にこれから世界が変わる、という感じがしますよね。 星さん:発想転換しなければいけない。勝負ですよね。どこまで発想転換できるかという。(21日19:00)

JNNニュース一覧