RSK山陽放送トップページ

【調査報道23時】コロナ補助金不正 5万円で不正に関わった理由

 独自取材で明らかになった「コロナ補助金」の大がかりな不正受給疑惑。その後、ある男性から決定的な情報が寄せられました。「私は不正に関わってしまった」男性が語ったその理由とは。
 関東地方のある住宅地。 村瀬健介キャスター 「村瀬です。きょうはありがとうございます」  家族4人で暮らす男性。この前日、私たち「news23」の報道を見て連絡をくれた。 不正に関わった男性 「報道みて、ああって、なんとも言えない気分だったんです。これに私関わってるなって気づいたんです。ああ、これだって思って」  先週、私たちは、国のコロナ対策補助金をだまし取ろうとする大がかりなグループがあることを報じた。  不正の舞台は国の「デジタル化応援隊事業」だ。個人事業主がリモートワークを導入する際などにIT専門家からリモートなどでコンサルティングを受けると、国がそのコンサルティング費用を最大30万円まで補助する制度だ。  不正グループは、この補助金を「誰でも簡単に受け取れる」「グループに入らないか」と、SNSで盛んに勧誘。集まった個人事業主役とコンサルタント役をリモートで面会させる。 不正グループのメンバー 「コンサル自体は一切受けずに、コンサルした証明を作るための時間を、30分Zoomで使う」  リモート面会ではコンサルは行わないのに、長時間行った偽装工作をして補助金をだまし取るのだ。  私たちに連絡をくれた男性は、勧誘に乗って個人事業主役をやってしまったという。 不正に関わった男性 「これは不正だなと自分でもわかったんですよ、途中から。“ああ、よくないな”という後ろめたさもありつつ。こういうやつですけどね、こんなのをこうね、8枚くらい順番に着替えるだけです」  上半身の服を着替え、パソコンの前に座り、その姿をコンサルタント役が撮影する。それを8回繰り返し、何日もコンサルティングを行ったように装う。 不正に関わった男性 「『全く同じかっこうだと変だから』『なんか違うかっこうしてください』って言われて携帯持ってるふりしたりとか、ペン持ってるふりしたりとか、その程度のアクション付けて2回パシャパシャと」  写真を撮ってから1か月が経ったころ、国側から補助金申請を受け付けたとのメールが届いた。手続きが完了すれば、不正グループの口座に補助金が振り込まれる。その後、男性の元に分け前として5万円が届くことになる。  「こちらはデジタル化応援隊事務局です」  男性は国の事務局に電話をかけ、不正に関わったこと、補助金を辞退したいことを伝えた。 国の事務局への電話 「辞退すべきなんじゃないかと考えているんです。不正だと思われるので、申請自体を取り下げたいという趣旨です」  後ろめたさを抱えながら、なぜ5万円のために不正に手を染めたのか。 村瀬キャスター 「5万円でもこれに参加されたのはどういった事情があったんですか」 不正に関わった男性 「本当にお金苦しいんですよ。今の自宅のローンが払えない状況になると、自宅も取られちゃうんですよ。それをなんとか食い止めようとしていて」  男性はいま、前の職場とトラブルになっていることもあり、安定した収入を得られないでいる。 村瀬キャスター 「今は収入的には厳しい?」 不正に関わった男性 「厳しいですね。ゼロではないですけど、とても家族4人が暮らしていける収入ではない」 村瀬キャスター 「そういう中で5万円というのは魅力的ですか」 不正に関わった男性 「そりゃそうですよ。きちんと経済的にも満たされていたら、途中で私は抜けていたと思います」(06日23:30)

JNNニュース一覧