RSK山陽放送トップページ
米澤 秀敏

米澤 秀敏 (よねざわ ひでとし)

誕生日
7月2日 (かに座)
出身地
広島県広島市
趣味
コロナ禍で始めたジョギング(目指せフルマラソン完走)、
コンサート、演劇鑑賞(最近は配信で…)
特技
歌うこととハモること、酔っぱらうこと
得意なスポーツ
最近はもっぱら走ること
学生時代のクラブ
演劇研究会など
苦手なもの・弱点
この歳でそんなことは言っていられなくなりました
好きな色
この歳でますます派手な色が好きになるのはなぜ?
好きな食べ物
スイーツ&ブラックコーヒー
持っている資格・肩書きなど
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
自分のモットー
「明るさ求めて暗さ見ず」…
スポーツジャーナリストの増田明美さんから、挫折した自分を励ましてくれた言葉として教わりました。
きょう失敗しても、あすに明るさを求める
人の欠点よりも、長所を見る
人生を楽しもう、という意味の名言としても知られていますね。

「朝耳らじお5.5」などラジオで出会えた皆さんとのご縁は私の財産です。リスナーの皆さんからの応援メッセージ、家宝にします!本当にありがとうございます。

再びテレビニュース、ドキュメンタリーの世界で地域の今をお伝えします。とにかく現場主義!体を張って頑張ります。

ラジオ「沢知恵 日曜日の音楽室」もどうぞよろしくお願いします。初代ディレクターからのお願いです。
日曜日の夕方、沢さんのジャンルフリーな選曲と心温まるトークで癒されてください。

<受賞歴>
2014年
貧困ジャーナリズム賞
(メッセージ 「格差社会を生きる~ホームレス2013~」)
2016年4月
ギャラクシー月間賞
JNN月間賞
(TBS報道特集 「ハンセン病 隔離された法廷と司法の責任」)  
2018年
日本医学ジャーナリズム協会賞 映像部門 優秀賞
(メッセージ 「がんと闘う子どもたち~小さなレモネード屋さん~」)
2019年
日本民間放送連盟賞 テレビ報道番組部門 優秀賞
貧困ジャーナリズム大賞 / JNNネットワーク協議会賞
(メッセージ 「引き裂かれた家族~ハンセン病孤児たち 初めての告白~」)
ギャラクシー賞 報道活動部門 大賞
(「1980年から続けるハンセン病に関する一連の報道」)

<著書>
「ハンセン病取材40年 記者たちが見たもの」(発行:山陽放送)
米澤 秀敏