menu

アイアイイスズ

飯間賢治 社長

2019年10月14日(月)

——夢を一言でお聞かせください。

飯間:時計やジュエリーの魅力を、高松から日本中に発信していきたいと思います。

——腕時計やジュエリー、眼鏡などの販売を手がけておられます。2019年9月にオープンした「アイアイイスズeast」の魅力を教えてください。

飯間:新しい「アイアイイスズeast」では、創業40周年を迎えるにあたり、当社の原点である眼鏡にスポットを当てています。またブライダルにも力を注いで、女性のお客様にゆっくりと楽しんでいただけるお店づくりを目指しています。

——眼鏡はどのような品揃えになっていますか。

飯間:有名ハイブランドから珍しいアイテムまで幅広く揃え、じっくりと吟味しながら楽しんでいただけるスペースになっています。眼鏡は流行り廃りがあるものなので、その見極めをしながら、お客様に常に新鮮さを感じていただけるような新しい商品構成を心がけています。近年では時計店として知られている当社ですが、創業時には眼鏡からスタートしていますので、自分たちの原点として大事に扱っていきたいと思っております。

——「アイアイイスズeast」の2階はどんな空間になっていますか。

飯間:2階はブライダルサロンで、四国最大級のフロア展開となっています。国内外の一流ブライダルブランドはもちろん、「Lili BRIDAL」のような西日本で唯一の取扱いとなるブランドも揃えております。価格帯もデイリーユースのものからハイエンドのものまで幅広く、若い方から年配の方まで「楽しい」「ここで買いたい」と思っていただけるラインナップを目指しています。

——ブライダル部門を拡大した理由は。

飯間:ブライダルに関しては、もともと本店で扱っていたのですが、本店では時計のラインナップを拡充してきた結果、ブライダルのスペースが縮少してしまっていました。しかし今後、ブライダル部門は女性にとって絶対に必要なものになってくるだろうと考え、新しい店舗を構えるのを期に、女性の方に楽しんでいただけるお店をコンセプトとしてブライダルを大きく展開しました。

——オープンされてからのお客様の反応はいかがですか。

飯間:目が生き生きしている女性の方が非常に多く来店され、皆さんワクワクされているのがわかります。今までですと、時計はちょっと面白くないなという女性の方もおられましたが、そういった方々でも目をキラキラさせながら見に来ていただけることに対して、大変に有り難いなと思いながらお迎えしております。

——「アイアイイスズeast」隣の本店も、非常に注目されています。

飯間:「アイアイイスズeast」のオープンにあたり、本店に新たに導入したブランドなどはないのですが、既存のブランドにより大きなスペースを割くことができるようになりましたので、一つひとつのブランドが持つ世界観をしっかりとお客様に伝えられるような店づくりを心掛けています。

——ブライトリングの専門店もオープンされました。

飯間:「アイアイイスズeast」に併設された「ブライトリングブティック高松」は、東京・大阪・福岡に次いで全国で4店舗目となるブライトリング正規販売店のフラッグシップショップとなっています。今まで日本で3店舗でしか味わえなかったブライトリングの世界観を、ここ高松でも存分に味わっていただけるような空間づくりになっております。

——ブライトリングにはどのような魅力があるのでしょうか。

飯間:ブライトリングは当社が1992年から取り扱っているブランドで、私どもの思い入れも非常に強い、最も大事にしているブランドの一つです。ブライトリングは自社製品を「プロのための計器」と位置づけていて、実際にパイロットの方と組んでものづくりをしたり、ダイバーの方と一緒になってダイビングウォッチを研究・開発したりして、どうすれば視認性や装着感が良くなるのか、緻密に計算しながら製品を作り上げるという、たいへん独自性の強いブランドだと思っています。

——お客様は、どのように楽しんでおられますか。

飯間:全国に4店舗しかないお店ですので、香川県内だけでなく、四国から、さらに遠方から、非常に多くの方に足を運んでいただいております。ブライトリングの世界に触れた皆さんから「おー!」と感動していただけることは、たいへん幸せに思います。

——今後の展開はどのように考えておられますか。

飯間:本店にはさまざまな時計があることで男性にとって魅力的な店づくりができ、また「アイアイイスズeast」では女性が楽しめる店づくりをしています。そして「ブライトリングブティック高松」に関しては、自分たちのベースといえるブランドですから、より注力することによって、男性も女性も、そして若い方から年配の方まで幅広く、ここに来れば何か自分の好きな物、目当ての物が見つかるといったお店を目指していきたいと考えています。

——全国的にも注目を集める品揃えの店舗が高松にあることについて、どのようにお考えでしょうか。

飯間:もちろん香川県内のお客様は一番大事になってきますが、四国で唯一、あるいは西日本で唯一という取扱いブランドもありますから、日本中のどの方が来ても楽しんでいただけるようなお店を作っていきたいと思っています。
時計もジュエリーも、「本当に必要か?」と問われたら「必要ではない」という方が多いものになってくるとは思います。しかし、お気に入りの時計やジュエリーを手にすれば、何とも言えない幸福感を味わっていただくことができるはずです。ここ高松から、日本中の皆様に幸せを届けていきたいと願っています。

——では、改めて夢をお聞かせください。

飯間:「ここで買って良かった!」とお客様から言っていただくことが私たちの目標です。これからも審美眼を養い、厳選した商品と空間づくりを目指して、お客様にご提案していきたいと思います。

飯間 賢治(いいま けんじ)

有限会社アイアイイスズ 代表取締役

昭和56(1981)年高松市生まれ。平成17(2005)年有限会社アイアイイスズ入社。平成28(2016)年取締役執行役員を経て、令和元(2019)年9月20日代表取締役に就任。趣味はスポーツ観戦、温泉旅行。座右の銘は「初志貫徹」。