歴史トーク&講演「岡山の大名物語 戦乱に運命を懸けた城主たち」

日時:2017年5月28日(日)
[開場]14:30~[開演]15:00~
場所: 岡山市民文化ホール
(岡山市中区小橋町1-1-30)

城下町として発展した岡山。私たちの故郷の城は誰が作り、城主は戦乱の世でどのように生きたのか?
宇喜多秀家、小早川秀秋、池田光政らのドラマティックな人生を知ることで、我が町岡山への思いを深めてもらいます。
第1部講演
気鋭の研究者が語る
戦国から江戸、岡山の歴史を知ろう

①岡山城の秘密あれこれ

岡山城はなぜ今の場所に造られたのか?再建された岡山城は宇喜多時代・池田時代の姿?発掘調査から分かった殿様の食べた魚とは…など、岡山城の興味深い事実を語りかけます。

乗岡 実

講師
乗岡 実さん
(岡山市文化財課課長)

②悲運の武将 宇喜多秀家の実像

美男子で愛妻家、天下分け目の関ヶ原での奮戦。敗軍の将として八丈島への流罪。ドラマティックで多くの歴女が支持する秀家の人生を追いかける若き歴史学者。 調査の成果と秀家の魅力について、熱く語ります。

大西 泰正

講師
大西 泰正さん
(石川県金沢城調査研究所)

第2部歴史トーク
ドラマティック!
波乱の岡山城主たち

平成の司馬遼太郎と呼ばれる岡山出身の歴史学者・磯田道史らが、岡山城の城主たちの興味深い史実を語ります。
戦国の世の動きに翻弄され、日本の歴史の大きな節目となった関ヶ原で明暗を分けた宇喜多秀家、小早川秀秋のドラマティックな人生。江戸の世で岡山を発展させた池田光政に始まる、池田家の知られざる歴史トークは必聴・必見です。

岸井 成格

コーディネーター
岸井 成格
(毎日新聞特別編集委員)

磯田 道史

パネラー
磯田 道史
(国際日本文化研究センター准教授)

小日向 えり

パネラー
小日向 えり
(歴史好きタレント)

本シンポジウムの模様は
特別番組にて放送します。

放送日時
6月11日(日)
12:54~13:24

往復はがきでご応募ください

往復はがき(裏面)に代表者のお名前(ふりがな)、郵便番号、住所、電話番号、年齢、同伴者のお名前をご記入の上、下記宛先までお送りください。

〒700-8580 RSK「歴史トーク」係

往信おもて 返信うら 
返信おもて 往信うら

応募は締め切りました

  • 個人情報の取り扱いについて
    • 応募者からご提供いただいた個人情報は、RSKが管理し、当選者の招待状発送のためのみに使用させていただきます。
  • 注意事項
    • 往復はがきでご応募ください。応募多数の場合は、抽選となります。入場券1枚で2名でのご入場とさせていただきます。
    • 未就学児はご遠慮願います。
お問い合わせ
RSK山陽放送 企画事業部 
TEL:086-225-7300(平日9:00~18:00)