渡壁 恵子

☆犬養木堂記念館&カフェ&ギャラリー青い鳥☆

2020年1月8日

今日は岡山市北区川入にある犬養木堂記念館へ!(写真は生家です)

ただいま新春特別陳列が開催中です。

木堂が記した手記や手紙、関連書籍、写真、年表等を含めた約100点の常設展に加え新春特別陳列として木堂が書いた年賀状や書、また木堂が描かれた色紙や掛け軸、風刺画(これがまた面白い!)


また今年の干支である子年にちなんで明治9年から大正13年までの子年の木堂の活動なども併せて紹介されています。

犬養毅を知らない方でも、これをきっかけに興味を持ってもらえたらとのことでした。

この展示は2月2日まで。また1月18日からは一品展が開催されるそうです。合わせて足をお運びくださいね☆︎

午後からは倉敷市阿知にあるカフェ&ギャラリー青い鳥へ^_^

ただいま青い鳥展〜物語のはじまり〜と題して11名のアーティストたちが自信作を展示。

コーヒーの香りと素敵な展示の中で今日午後3時から「きらめく音色アルパの調べ」が開催されると聞きお邪魔しました。

おいしいコーヒーと共にアルパ奏者の黒田さんが本日、約10曲を1時間以上かけて素敵な演奏を奏でてくださるそう。

アルパとは中南米で使われる楽器でスペイン語でハープのこと。

高さ約140センチ、木製の枠に木の葉彫刻が施されており、温かく優しい音色が特徴です。

これといって楽譜等はなく、耳と目を頼りに演奏するそうです。
また気温や湿度によって音色がすぐに音程が変わってしまう難しさもありますが、ハープの中でも最も美しい音色とも言われているそう。
私も今回初めてお聞きしましたが、うっとりするような音色に思わず聞き惚れてしまいました!!

次回は1月26日水島中央公園西側にあるカフェ&ギャラリー竹で14時から開催されるそうですよ!聞いてみたいと言われる方はぜひ☆︎

また青い鳥展は今月19日まで開催されています。こちらも併せてお楽しみくださいね☆︎