淵本 文枝

ナイトガーデン

2019年8月30日

岡山市北区法界院の岡山市半田山植物園で今日から1日(日)までナイトガーデンを開催します。

この3日間は夜9時まで開園していて、ライトアップした園内では夜にしか咲かない花もたくさん楽しめます。
白いヨルガオ、熱帯睡蓮、パラグアイオニバス、ヤコウカ、イエライシャンなど。

パラグアイオニバスは1日目と2日目で花の色が違うそう。
1日目は白色で2日目はピンク色に。
受粉が終わると水に潜るそうです。
夜咲く花は白や黄色で暗くても目立つ色。
そして昆虫に見つけてもらえるように、強い香りを放ちます。
ナイトガーデンで珍しい花を見たり、岡山の夜景を眺めたり、カフェも期間限定で登場しますので楽しんでください。

 

午後は岡山県立美術館に。
9月15日まで目の目、手の手、心の目という5感を使って美術を体験しようというアート作品が展示されています。

その中のひとつ、南川茂樹さんの作品、「遠くで木霊の声がする」のなかでギャラリーコンサートが今日、15時からと18時からの2回開催されます。
南川山の作品は、ヒノキの間伐材を蛇腹に組んだベンチ等と、グランドピアノで構成されたもの。
木のぬくもりを触れ、ヒノキの匂いを嗅いで、堅いはずの木をくねらせ、その形の面白さを見て、あとは、ピアノの音を聞いてもらう、5感を使って楽しんでもらおうという作品なのです。

そこで今日はピアノとチェロ、ギターのコンサートです。
県立美術館内の作品の一つとしてのコンサートなんて初めてだそうです。
作品のベンチに腰かけて聴けるのも素敵ですね!


渡壁 恵子

☆洋ランとフルーツのお店スコレー&岡山県立博物館☆

2019年8月29日

今日は岡山市北区御津吉尾にある洋ランとフルーツのお店スコレーへ☆
今日から9月1日まで「夏休み最後のぶどう収穫」という体験イベントが開催中という事でお邪魔しました^_^

こちらには2000坪以上の畑にマスカットやオーロラブラック、瀬戸ジャイアンツなど30種以上のぶどうが栽培されています。

ここは約100年の歴史があり、この辺は昔からぶどうの生産地としておいしいぶどうを作られています☆

 

1日のスケジュールとしては11時からぶどうの話と試食、11時半~収穫体験となっています。
現在シャインマスカットや瀬戸ジャイアンツ、マスカットオブアレキサンドリアなど様々な品種が楽しめますよ!!


ぜひご参加くださいね☆
入園料が500円。お持ち帰り等は量り売りです♪
詳しくはスコレーで検索!

 

 

午後からは岡山市北区後楽園にある岡山県立博物館へ。
今日から「物見遊山~江戸の旅模様~」が開催中です。

江戸時代の庶民の旅のリアル垣間見える今回の展示。

旅の道中、必要不可欠な往来手形という現代のパスポートや、名所図絵という絵入りの案内地誌、浮世絵、様子を描いた屏風など56件が展示されています。

1章~第6章までに分かれており、必要な道具や岡山の街道と名所、東海道の賑わいなど当時の旅人の視点から紹介されています。

特に華やかなのは東海道の賑わいを現した六曲一双の金屏風!

東海道は1601年に五十三次の宿場が整えられ、参勤交代の大名のほか、飛脚や旅人など多くの人々が利用する重要な幹線路として機能しました。
この東海道風俗図屏風は江戸日本橋を起点に京都三条大橋まで東海道の名所や名物などの風俗を生き生きと描いています。

当時の方の活気あふれる道中の様子が見てとれ、とても興味深い逸品!!

 

その他にも見所盛りだくさんとなっています。
この展示は10月6日まで開催されています。
ぜひご覧くださいね(^^)


渡壁 恵子

☆米粉スイーツブラウン&岡山市立桑田中学校☆

2019年8月28日

今日は岡山市北区今にあるグルテンフリーの専門店 米粉スイーツブラウンへ☆

ここは現在開催中の岡山市の米粉&乳製品スタンプラリーの参加店。

アレルギーを持ってる人でも楽しんで選び、食べることができる食品店を目指し、米粉スイーツをはじめ、食パンや米粉、麺類なども常時約100種類販売しています。

今日はカスタードクリーム味の米粉スイーツをいただきました☆もちもちとした食感で、優しいカスタードの味がベストマッチ!!
とてもおいしかったです^_^

スタンプラリーは全部で岡山県内26店舗!!

スタンプを3つ集めると抽選で素敵なプレゼントが当たります。

詳しくは岡山市農林水産課までお問い合わせ下さいね☆
お電話番号 086-803-1344まで。

 

 

午後からは岡山市北区東島田町にある岡山市立桑田中学校へ☆

岡山の民謡をカルタで紹介する取り組みを行っています^_^

これは音楽の難波先生が授業の一環で行っているものだそう。

岡山の民謡は今から42年前に山陽新聞で掲載された岡山で歌い継がれる歌を紹介した企画をもとに作られたもので、中国山地の木びき歌から塩田の浜子歌まで50曲を取り上げています。

曲の採譜には戦後岡山の音楽会を牽引した作曲家の野上義巨さんが協力。
取材地で実際の生歌を聴いて譜面におこし、毎回掲載したそうです。

そんな中、難波先生がせっかく郷土の資料があるので気軽に触れてもらおうと昨年かるた作りを思い立ったそうです。

完成したかるたは取り札の表に曲名と歌詞、連載で使われた風景写真を載せ、裏には由来や概要を印刷。
当時の音源を流し、その曲に合ったかるたをとるという仕組みです♪

野上先生が残した貴重な資料を生かせるよう、また現代の子供達にも民謡を知ってもらえるよう活用していきたいとの事でした。

 

詳しく知られたい方は、岡山県立図書館にもありますのでぜひ手にとってご覧下さいね☆


渡壁 恵子

☆総社吉備路文化館&小さな学校、小さな商店☆

2019年8月27日

今日は総社市上林にある総社吉備路文化館へ☆


ただいまExhibition18-19が開催中です。これは総社南高校美術工芸コースの元メンバーや先生、現役の生徒たちの作品展示会。

昨年起きた西日本豪雨災害等を踏まえ、私たちがこの1年に感じたこと、そこから伝えたいことと題し作品作りが行われました。

前期後期と分かれていて今回は後期21人の作品約50点が展示されています。

水彩画、油絵、木彫、石彫などそれぞれの思いが込められた見所たっぷりの作品ばかり!!

今月30日まで。入場は無料ですのでぜひどなたでもご覧くださいね^_^

 

 

午後からは倉敷市阿智にある小さな学校、小さな商店へ☆

昭和元年に建てられた空き家を店主自らの手でリノベーションしたお店。無農薬野菜、オーガニック、無添加の食品を提供する商店に流ちょうな日本語を話す英国出身のベンさん、奥様の顕子さんが家族で営んでいるお店。

電気やガスを使わない自然本来の営みを崩さない生活スタイル。
包装や容器も土に還らないものは使用せず、量り売りの販売を中心としています。

ここの1階部分で現在、大きなかまどをワークショップが開催中です。

5日間ある日程の現在は3日目が終了したところ。

土台を整えた後は石を積み、その上に土を運び、藁を入れ練った土やレンガを組み込み上手に乾燥させながら、身近にあるもので形を作っていました。

今月30日、31日の残り二日間でおおまかなところまで完成させるそう。

かまどが出来たあとは小さな食堂を開くそう。
昔ながらの暮らしや伝統。そして現代の環境問題を考えた本物の手作り。火のある毎日とそこにある団欒が広がっています^_^

そこから暮らしのヒントも得られそうですね☆

ぜひ参加してみたいという方はご参加下さいね!