渡壁 恵子

☆総社ゆかりの作家展Ⅲ&素敵な陶芸、手作り雑貨展☆

2018年1月31日

今日は総社市上林にある総社吉備路文化館へ☆
総社ゆかりの作家展Ⅲが開催中です。

入江北宰×皆見鵬三×山本正の三人展。
3人の縁のある昭和地区、自然豊かな地域で3人の作家たちはそれぞれの異なる個性を生かした作品作りに取り組んでいます。

多くの花鳥画を描いた北宰、従軍画家を経て戦後は抽象表現の影響受けた鵬三、独立美術協会で活躍した正。

3人の作品を比較しながら鑑賞することができる展示。大作も含め25点を展示しています。ぜひ総社ゆかりの作家たちの力作をご覧ください。この展示は2月12日まで☆

午後からは総社市宿にある吉備路もてなしの館へ☆今日から素敵な陶芸、手作り雑貨展が開催中です!

信楽焼の陶芸担当の近藤靜子さん、トールペイントやビーズアクセサリー、お人形などの雑貨担当の野田待恵さんによる2人展です。

これからの季節にぴったりなお雛様飾りや甲、器などをはじめ和紙やちりめん等を使ったお雛様など可愛らしい作品展となっています。

この展示は来月2月6日火曜日まで。総社にお出での際は立ち寄ってみて下さいね☆


渡壁 恵子

☆柵原鉱山資料館&ごちそう赤磐☆

2018年1月30日


 

今日は久米郡美咲町吉ケ原にある柵原鉱山資料館へ☆

東洋一の硫化鉄鉱を産する高山として古くから栄えてきた柵原鉱山の歴史や文化を楽しく学べる施設です。


鉱山町の商店や住宅などが再現されているほか、鉱山内部の様子や採鉱現場など実際に体験できるゾーンもあります。


その再現クオリティーに驚きです!!

当時はとれた硫化鉄鉱から肥料や化学繊維、カセットテープなど様々なものに使われていたそうです。

鉄鉱から石油へと資源が移行するにつれ規模が縮小されましたが、当時の賑わいや働く人々の生活など色鮮やかに記録されています。

また毎月第一日曜日には実際に電車に乗ったり、坑道農業を見学するツアーが開催されています。ぜひご家族揃って足を運びくださいね(^^)

午後からは赤磐市にある赤磐市吉井郷土資料館へ!

ただいま赤磐市の郷土色にスポットを当てた企画、「ごちそう赤磐〜郷土のおいしい記憶〜」
が開催中です。

昭和の初期から中期にかけての伝統的な料理の写真や、模型などが並んでいます。

特に印象的だったのが子供のご馳走。つぶしたさつまいも山のような形にして大皿に盛り周囲に巻き寿司や卵焼き、羊羹などを並べたごちそう、モリゴメです。

当時は白米をお腹いっぱい食べる事が貴重だった時代。当時の子供たちの喜ぶ様子も伝わってきましたよ(^^)

学芸員の方によると地域に根ざした食文化に触れ伝えていくきっかけにしてほしいと語っていました。

この展示は3月16日まで。


淵本 文枝

早島IGUSAラケット大会

2018年1月26日

都窪郡早島町早島の早島中学校で特産のイ草の花ござを巻いたラケットを使った卓球大会、早島IGUSAラケット大会を初めて開催した。9時から体育館で2年生105人と地元の人45人先生4人でダブルス予選トーナメントからスタート。20台の卓球台が並んだ体育館は熱気ムンムン!花ござを巻いたラケットはスピンがかかりにくいので、上級者と初心者のレベルの差があまりできにくく、ラリーが良く続く。生徒たちもこの大会の準備を11月からはじめていたという。カラフルな色、絵付けも施され、持ち手は畳のへり。なかなかグリップのホールド感も良い。今後商工会で、特産として商品化するという。この大会も毎年恒例の行事にしていきたいし、将来は全国大会を早島で開催というのもゆめではなさそうだ。

 

 

午後は伊島町の人と科学の未来館サイピア2階企画展示室だ現在開催中のむかしのくらし展に行きました。昭和初期から終わりまでのレトロな物が会場いっぱい。ちゃぶ台、火鉢、蓄音機、電話機、真空管のラジオ、テレビはビロードのカバー付。振り子時計の懐かしい音。札幌オリンピックや東京オリンピックのポスターやチラシもある。なんだか楽しい。科学の進化を考えながら、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん、子どもたちみんなで楽しく会話が弾む企画展。2月11日まで、入場無料。


渡壁 恵子

☆イノブタ祭り&陶山千代作品展☆

2018年1月25日

今日は岡山市東区草ケ部にあるルーラルカプリ農場へ☆

ただいまイノブタ祭り頂きますフェアが開催中です。

2年ほど食用として育てていたイノブタをこのたび感謝をしていただくことに!

沖縄の貴重品種ヤンバルイノブタと黒豚のバークシャーをかけあわせたイノブタ。

二十日間カレーやパスタ、パテやロースハムなど様々な料理を提供するそう。

フェアは来月12日まで。なくなり次第終了となりますのでお急ぎ下さい!

今日は岡山市北区表町にある丸善岡山シンフォニービル店ギャラリーへ☆

ただいま糸を紡ぐ 陶山千代作品展が開催中です。


陶山さんの作品は羊毛に含まれる良質の油を抜かずに紡い

だ未脱脂の羊毛を使用したもの。

薬品処理を施さないため皮膚に優しく、保湿保温性に優れています。

2代、3代と長く受け継がれる羊毛で制作したジャケット、ストール、カーディガン、ベストなど400点余りを展示販売しています。

色合いも個体差もあり、オリジナリティーあふれる逸品です。

今月29日まで開催されています。陶山さんも在廊されているということですので是非お話を伺いに行ってみてはいかがでしょうか(^^)