● 淵本文枝 ●

淵本 文枝

和気町の和文字焼まつり

2019年8月16日

和気町の和文字焼まつりが今日、和気町吉井川河川公園グラウンドで開催されます。
去年は西日本豪雨災害で中止となったので、2年ぶりの開催です。

 

 

8時から観音山に設置された89基の櫓に火が入れられ、和の文字がゆっくり浮かび上がります。
そして清麻呂太鼓の勇壮な演奏が始まり8時30分ごろから2500発の花火が打ちあがります。
精霊流しも300程予定されていますが、昨日の台風10号で増水していることから、こちらは直前での判断になりそうです。
大きな和文字が浮かび上がり、今年もお盆が終わります。

 

 

午後は岡山自然保護センターにお邪魔しました。

 

夏休みという事で、大勢の家族連れが来ていました。
この周りには2500種類の動植物が生息しているそうです。
「夜のセンターはけものの世界だった」と題した夜の定点カメラの映像を紹介するコーナーや、アナグマ迷路という探検アトラクションがあったりします。
今日は輝く泥団子制作の体験ができ、とてもにぎわっていました。

 

 

明後日はサギ草の鑑賞会もあります。
自然が満喫できるスポットでした。
丹頂鶴は今39羽いるそうですよ。

 


淵本 文枝

宇野まち竹あかり2019みなと灯源郷

2019年8月9日

 

12日まで玉野JCの初めての企画で、宇野港第一突堤で「宇野まち竹あかり2019みなと灯源郷」が開催されています。

期間中は19時30分から22時まで1000本以上の竹で作られた光のオブジェが宇野港を照らします。

 

冬の乾燥した時期に切ってきた青竹を加工してLEDを組み込み、JCメンバー総出で制作。
中には地元玉野の子供達に絵やメッセージを入れてもらったものもあります。

 

日の入りからインスタ映えスポットとしてまた一つ名所が増えました。
ただし、12日までの期間限定ですのでお急ぎ下さい。

 

ライトアップ中は竹で作った巨大ブランコもあります。

6メートルの竹で組んでいますので、ストロークが長く、迫力満点です!
このあたりはオシャレなお店も次々とできていて、夕暮れドライブにオススメ。
瀬戸内国際芸術祭期間中でもありますし、大勢の人を楽しませてくれそうです。


淵本 文枝

吉備津彦神社

2019年8月2日

岡山市北区一宮の吉備津彦神社で、今日・明日の2日間御田植祭が開催されます。
五穀豊穣を祈願するお祭りですが、今日4時から茅野輪くぐりが行われ、8時から400発の打ち上げ花火が間近で見られます。
10時からは御斗代祭が執り行われます。
これは、神社入り口の池の、鳥居を挟んで両側に鶴島・亀島があるのですが、その2つの島で神主がそれぞれ同時に神事を執り行うものです。
荘厳な雰囲気に包まれそうです。

 

また明日は10時から御本殿祭、4時から御幡献納祭が執り行われます。
十数基の御幡を先頭に40人程の装束に身を包んだ人々が池や境内の周りを行列します。
終盤には御幡に取り付けられた扇を参拝者が奪い合い、見事扇を手にした者は、1年間家内安全・五穀豊穣に恵まれると言います。
両日縁日も100店近く並びますので、古くからの神事と夏の思い出づくりに参拝してはいかがでしょう。


淵本 文枝

そうめん南京

2019年7月26日

瀬戸内市牛窓町の夏野菜そうめん南京が出荷ピークを迎えています。
国内でナンバーワンの産地ですが、県内流通はそのうち8パーセントといいますから、家庭でももっと食べて欲しいです。

40年ほど前から産地として有名ですが、調理は意外に簡単。
輪切りにしたそうめん南京を熱湯で8分ゆでて、冷水にさらしたら自然に金色の糸のように身がほぐれていくのです。

別名金糸瓜と言うだけありますね。
あとはめんつゆでも、ドレッシングをかけてもOK。
シャキシャキとした触感でつるつるとあっさりいただけます。
あとおすすめは生のままキュービック状にしててんぷらにすると、サツマイモの様な甘さで口の中でほろほろと繊維がほぐれ、これはなに?と驚きの美味しさだそうです。
スーパーでカットされた物が売られています。
お試しあれ!