● 淵本文枝 ●

淵本 文枝

渋川マリン水族館

2018年12月14日

玉野市渋川の渋川マリン水族館で今、毎年恒例のクリスマス水槽が設置されています。

12月25日まで。

 

水槽には貝殻やビーチコーミングで集めたガラスの破片で作ったクリスマスツリー等のデコレーションの中、カクレクマノミやクギベラ、イトヒキテンジクダイなどカラフルな熱帯魚たちが優雅に泳いでいました。

隣には、来年の干支水槽も出来上がっていて、ウマヅラハギやイサキの幼魚、ウリボウが泳いでいます。

 

水族館も大掃除を行うそうです。
屋外プールにいるゴマフアザラシやキタオットセイたちは寒いからますます元気。
脂肪も蓄えてぷりっぷりで愛嬌一杯で出迎えてくれますよ!

 

年末年始は12月29~31日は休館。
但し、1月1・2・3日は営業。4日は臨時休業です。


淵本 文枝

干支づくし展

2018年12月7日

倉敷美観地区の日本郷土玩具館で1月6日まで恒例の干支づくし展が始まっています。

来年の干支は亥。

可愛い猪の郷土玩具が200点ずらりと並んでいます。

張り子、土人形、竹でできたもの、木、ガラス等色々です。

郷土玩具のはじまりといわれる伏見土人形や岡山の津山竹細工、倉敷張り子、また現代作家による干支のモチーフ作品まで、全国から寄せられています。

猪の生命力と勢いにあやかって、来年もいい年になります様に、迎春準備としてお気に入りを探してみては?


淵本 文枝

干支のミニ張り子

2018年11月30日

瀬戸内市邑久町本庄の武久守商店では60年前から虎の張り子を手作りしています。

毎年この時期から来年の干支の張り子の製造販売が始まります。

来年の干支は亥。

工房を訪れると、たくさんのイノシシ張り子が並んでいました。

13センチの手のひらサイズですが、明るい年になるようにとオレンジ色の体につぶらな黒目。

正面から見るとなかなか可愛い張り子に仕上がっていました。

1つ700円。

自由に絵付けができるようにと無地販売もあり、そちらは500円。

工房で体験もでき、1000円(要予約。0869-22-0530)

これから年末にかけてさらにいそがしくなるそうです。

工房では型取りや天日干し、絵付けなどの工程がよくわかります。

工房のほかに晴れの国おかやま館でも購入できます。

 

午後は西大寺門前の岡山フルーツ農園に行きました。

なんと岡山ではおそらく一番早くいちご狩りが先週金曜日23日からスタートしています。

章姫が今収穫でき、来週から紅ほっぺへと続きます。

時間無制限で平日大人1500円土・日・祝は1700円。小学生800円。2歳以上500円。

平日10時~16時、土・日・祝9時~16時まで。

月曜と金曜はいちご狩りはお休みです。

予約しておいた方が安心です。086-224-2273

 

 


淵本 文枝

早島IGUSA 花ござピンポン世界大会

2018年11月23日

早島中学校体育館で第1回早島IGUSA 花ござピンポン大会が今日開催されました。

7か国、130人がエントリーし、ラバーの代わりにイグサでできた花ござを貼り、ラケットにしています。

初心者でも結構ラリーが続くようで見ていても白熱した試合が展開されていました。

モンゴルと中国の留学生に話を聞いてみると、「すごく楽しい、ラケットがイグサのいい香りがする。来年もエントリーしたい」と話してくれました。