● 淵本文枝 ●

淵本 文枝

特別史跡・旧閑谷学校

2019年4月19日

閑谷学校に隣接する青少年教育センターは新入生研修のピークを迎えています。
今日だけでも6つの中学校・高校388人が入校していました。
その中で昨日から1泊2日で研修していた岡山県立和気閑谷高校1年生に密着。
なんと和気閑谷高校の前身が旧閑谷学校で来年創立350年となります。
講堂では孔子の論語を学び、ワークショップでチームワークを固め、校歌だって今回熱唱大会と称して覚えたそうです。
入学してまだ10日しかたっていないけれど、この研修で友達もいっぱいできました、と生徒も語ってくれました。
これからの高校生活、頑張って!

 

午後は備前市吉永町の八塔寺ふるさと村にいきました。
ここは映画黒い雨やドラマの八墓村、火垂るの墓のロケ地になった日本の原風景が残るとても素敵なところです。
西の高野山とも言われるほどかつては仏教の盛んな村で72もの寺院や僧坊がありました。
今は2つのお寺、10戸数の民家のみとなったけれど、茅葺屋根の古い民家を保存したり、庄屋を移築して国際交流ビィラにして日本のふるさとを多くの人に体感してもらっています。



21(日)は八塔寺ふるさと村・春まつりが開催されます。
八塔寺山登山や蕎麦早食い競争、餅つき大会など14時までにぎやかに開催されます。
過疎化が進んでいるというものの、ここは昔と風景が全く変わらないのだそうです。
いまは桜吹雪。
鶯の鳴き声もとても気持ちのいい新緑の季節です。
ここは変わって欲しくない、後世に残したい所です。


淵本 文枝

三宅酒造

2019年4月12日

総社市宿に明治38年創業の酒造会社三宅酒造があります。
伝統の日本酒造りの技法が学べる酒造り資料館があり、日本酒好きにとっては見逃せないスポットになっています。
資料館は地区200年の木造の蔵で、建物に入るとタイムスリップしたよう。
木製の洗米機、精米機、大きな杉の酒樽、米を蒸すこしき、江戸時代に参勤交代で使った漆塗りの酒入れ。
三宅酒造に代々保管されているお宝満載。
入場料は大人400円ですが、いろいろと説明もしてくださるので、とてもよくわかります。
毎年酒づくり大学を開催していて、今年も6月の田植えからスタート。
今季もまだ募集中です。
日本酒ができるまで1年を通して学べる講座です。
詳しくは0866-92-0075三宅酒造さんへ。





淵本 文枝

ミネルバアート会洋画展

2019年4月9日

玉野市中央公民館ギャラリーで明日から第18回ミネルバアート会洋画展が開催されます。
搬入日の今日、会員の皆さんを訪ねました。
会員は9人ということですが、皆さん50号、30号と大きな作品を4~5点ずつ出展していて、立派な展覧会になりそうでした。
平均年齢75歳だそうですが、いきいきと活動に取り組んでいます。
仲間や家族の協力もあって、とても充実しているそうです。
やりがいや目標をもつことはやっぱり大切なんだなと感じられたひとときでした。
あすから14(日)まで、入場無料。


午後は玉野市藤井地区のつつじ祭りのお知らせをと玉仙岩のある山を登りました。
山の中腹のつつじ広場まではおよそ10分。
左に宇野港、右に玉港と玉野造船所が見下ろせます。
ミツバツツジは今満開で13日(土)のつつじ祭りもきっと絶景が楽しめそうです。
藤井地区里山づくり研究会は9年前に発足。
玉仙岩のいわれを調べなおすことからスタート。
明治41年にこの山のふもと、海の目の前に当時の、繊維豪商が山荘をつくり、中国の仙人からこの岩の名を玉仙としたという。
やまの上には大きな岩が現存していて、当時から整備していたであろう石造りの階段も残っています。
そこを整備しなおして、定期的につつじ祭りを開催、今の人達にも再認識してもらおうとしています。
低木を切り、雑草を除き階段や看板も新たに作り直したりして研究会の皆さんはがんばっています。
13(土)10時に玉仙岩登山口に集合。一緒に登りましょう。
10分でつつじ広場に到着。さらに10分で山頂展望台。
参加無料です。






淵本 文枝

海棠まつり

2019年4月5日

小田郡矢掛町上高末にある曹洞宗吉祥寺には古くから海棠という薄紅色の桜に似た木があります。
毎年ソメイヨシノよりも1週間程遅く開花しますが、来週14日に海棠まつりが開催されます。
今年は桜の開花が遅かったので、同時に楽しめそうです。
きょうは咲き始めというところでしょうか。
濃いピンクのつぼみがパンパンになって、全部開くと華やかになるだろうとワクワクしました。
14日の海棠まつりは和太鼓のえんそうや子ども神楽、やかっぴーと写真撮影、地元青壮年会の皆さんによるヤマメの塩焼きなど、美味しい物もたくさん。
10時~15時までです。
この花はその美しさから美人にたとえられているそう。
美人になりたい人もそうでない人も、お参りしてみては?




午後は井原市美星町の中世夢が原に行きました。
ここには中世の生活を再現する建築物やたくさんの体験設備があります。
大小14棟茅葺屋根の建造物がありますが、きょうとあすの2日間15時から16時まで茅の葺き替え作業の見学会が実施されます。
今日お邪魔したのは、城主の館の庫裡の葺き替えを行っているところ。
この道63年の茅葺職人の山本さんに伺うと、雨漏りしないように丁寧に茅を重ねて締めていく技があるということ。
見学会ではヘルメットをかぶって屋根に少し上がることもできるそうです。
直接職人さんにお話も聞けます。
県内では茅葺職人は県北と県南に2つの業者しかないということ。
貴重な機会ですので是非ご覧ください。