● 淵本文枝 ●

淵本 文枝

くらしきの陶芸家大集合

2018年6月22日

倉敷アイビースクエアのアイビー学館で今日からくらしきの陶芸家大集合というイベントが始まった。倉敷に窯を持つ15人の作家がそれぞれ30~50点作品を持ち寄り、24日まで対面販売をする。去年倉敷陶友会30周年を記念して初めて開催したが、作家と直接話ができるという事で、好評につき今年も開催。陶器、磁器、備前焼など色んな種類が揃う。何代にもわたり受け継がれている窯は勿論、建築から、彫刻から陶芸の世界に入った作家など、とても個性豊か。会場には器に合わせて倉敷華道連盟の会員が花を生けているコーナーもある。入場無料、24日まで。

午後は源平藤戸合戦ゆかりの倉敷市藤戸町の藤戸寺に沙羅双樹の花を見に行きました。客殿に入ると中庭が広がり、15本程の夏椿、沙羅双樹が可憐な白い花をつけている。早朝5時には花が開き始め、夕方開いたままはなが落ちる。「沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。」のように1日の命のはかなく、美しい花だ。明日、明後日の2日間沙羅の花を見る会が開催される。源平藤戸合戦の様子を描いた盛綱先人大絵図や250年前に掘られた木像、貴重な軸などが2日間展示される。入場無料。8時30分~15時まで。年に2日限りのお楽しみです。


淵本 文枝

永瀬清子企画展

2018年6月15日

赤磐市松木の熊山ふれあいセンターにある、詩人・永瀬清子展示室で、企画展「メモとスケッチ-永瀬清子の絵」が開催されている。永瀬清子さんの描いた、詩や随筆の挿絵、旅先でのスケッチ27点が展示されている。原稿用紙の端や包み紙の裏に描きとめているのだが、詩をいつも目に見える形にし、色も思い描く永瀬清子さんのイマジネーションが良くわかる展示になっている。幼い頃から本格的に南画を習っていて、画家にもなりたかったというだけあり、どれも趣がある。絵と一緒に、詩などの作品を味わうと、更に深くその世界に導かれることでしょう。7月22日まで入場無料。

午後は備前市大内の大滝山西法院・通称あじさい寺に行きました。たくさんの参拝客で賑わっていました。ここには40品種、1000株以上、3万本程のいろとりどりのあじさいが今見頃。今日からあじさい祭りが始まった。参道の坂道の両サイド、本堂の奥の裏山にびっしり紫陽花が植えられている。そして正面には大滝山の谷に沿って、長い滝が白龍のように降りてきている。雨量によって滝の様子も変わるという。7月1日までのあじさい祭り期間中はお抹茶の接待やオリジナルせんべいの販売、俳句・川柳・短歌を募集している。川の音、鳥の声、紫陽花に包まれ、ゆっくり過ごしてみては?

 

 


淵本 文枝

招き猫美術館

2018年6月8日

岡山市北区金山寺にある招き猫美術館で油絵の椋野茂美さんの作品展が始まった。この時期にぴったりのあじさいの絵10点が展示販売されている。東京在住の作家である椋野さんだが、去年につづき2回目。花をモチーフに描いているそうだが、「紫陽花は女の人生に似ていると思う。」と椋野さん。色が変化していく様はその時々の魅力で、花朽ちても落ちないところは、女の強さの様。花、雨、水滴、希望を意味する色とりどりの玉。庭の紫陽花をきりとったかのようなみずみずしい作品だった。~26日まで。

午後は、倉敷市木見にある住心院へ。高木増祐住職が25年前から作り始めた境内の花菖蒲園が今見事!この週末が満開になりそうだ。700種類1万株。色とりどりで大勢の人たちが訪れる。写真がきれいに撮れるように、毎朝住職が花殻を取り除いたり、塩釜の冷泉まで美味しい水を汲みにいって参拝客に振る舞ったり、まごころのこもったおもてなしだ。これから紫陽花も見ごろを迎える。紫陽花は150種類あるという。夏椿(沙羅双樹)も寺の裏庭に咲き始めているので、訪れてみてはいかがでしょう。いつでも観覧可。

 


淵本 文枝

写真・カメラ供養

2018年6月1日

6月1日は写真の日。平成2年から北区今にある今村宮で岡山写真材料商組合と岡山写真家協会が古い写真とカメラを供養する珍しい行事を行っている。今年で29回目。10時から神事が執り行われ、その後焼納された。今年は写真10万枚、カメラ200台が集まったそう。古い写真、ちょっと気持ち悪い写真、コンテストに落選したもの、不要になったもの。供養に持って来た人たちも、中には玉串まできちんと奉納して見届けていた。毎年行われるので不要になった写真やカメラがあれば岡山県写真材料商組合加盟店が県内25社あるので問い合わせてみて下さい。


午後は法界院の岡山市半田山植物園・展示ホールにお邪魔しました。今日から初夏のハーブ展が始まった。岡山ハーブの会のメンバーが育てたハーブが会場に一杯。さわやかな香りに包まれていた。今回は「暮らしを彩るハーブレシピ」をテーマにこれからのムシムシする季節をさわやかに乗り切ってほしいとたくさんのアイデアが紹介されている。ハーブオイル、ハーブビネガー、ハーブティー、料理・染・ハーブティーなどテーマごとの寄せ植え、苗の販売、ハーブティーの試飲など盛り沢山。ハーブは、

花が咲く頃が一番香りが強く、夏至の頃に収穫するという。湿気の多い日本での乾燥の仕方などの紹介は参考になりそう。3日(日)まで。入場無料。ハーブ苗の販売は安くてとても人気なので、お早目に。