▼トップインタビューはこちら(音声)

プレイヤーが再生できない方 (for Win)? (for Mac)?

業種:製造業

倉敷鉱泉株式会社

塩ぽんず

塩ぽんず

倉敷鉱泉株式会社

倉敷鉱泉株式会社

昭和30年代工場

昭和30年代工場

 女性お笑いタレントがテレビで紹介したり、新聞で重宝するご当地調味料ランキングで1位となった評判の調味料「塩ぽんず」。話題のこの商品を「倉敷味工房」ブランドで製造販売しているのが、倉敷市美和の倉敷鉱泉株式会社です。

 美観地区住宅街にある小さな工場から生み出されるポン酢やタレは、手作業で作られ、自然な風味や味わいを大切にしています。「良い素材が持つ甘さ、酸っぱさ、苦さ、辛さを、バランスよくまとめることは、自然な素材で作るだけに難しい」と、開発に苦心した石原信義会長は話します。

 倉敷鉱泉は元々、ラムネを製造し、今も造り続けていますが、昭和40年ごろに、清涼飲料水の大手メーカーの展開で苦境にさらされます。ラムネ製造を守るため、手間と原価をかけた品質の良い業務用ソースを製造するなどして、踏ん張ってきました。しかし、そこでも、大手が大量生産する商品の壁を破れず、思うような結果が出ませんでした。

 近所の釣り仲間(師匠)である酒造会社の社長のすすめで取り組むことになった、ポン酢やタレの開発。10リットルの寸胴鍋と格闘し、ここ10数年の間に、およそ30種のレシピを完成させ、その中から大評判の味が生まれました。

 小さな会社がキラリと光るために必要な出会いと努力。「塩ぽんず」誕生の裏にあった物語は、心にしみてきます。
 

[住所]
〒710-0052 岡山県倉敷市美和2-7-17
[TEL]
086-422-6020
[HP]
http://www.kurashikikousen.com/