社名になじみがなくても製品はよく知られていたり、気づかないうちに身の回りにたくさんあったり。
そんな“せとうち”が誇る企業のトップに“夢”を、“いい話”を語っていただくロングインタビュー。
ユニークで元気な事業展開をしている企業の意外な一面を、米澤秀敏が聞きます。

2019年9月15日(日) 放送 [ 再放送:2019年9月16日(月) ]

(有)中光商店 (瀬戸内市)

(有)中光商店 (瀬戸内市)

代表取締役社長 那須太郎 氏

牛窓に本店を置き、邑久駅前店でも販売を行っているかまぼこ、天ぷらの老舗。
今年70年を迎え、3代目を継ぐのが那須太郎社長だ。
中光商店では、石臼ですり身を作る。
昭和24年創業当時からの作り方で、その後少し寝かせるのが独特の作り方。
頑固に変えない作り方の一方で、地元牛窓産の季節の野菜を中心に具材を整え、ネーミングも工夫して作るのが創作天ぷらである。
にらともやし、かぼちゃとチーズ、アミエビやチリメンなど食卓にもう一品という時にぴったりのアイテムが揃っている。
就任から1年、45歳の若き当主が守り育てる「牛窓の味」、地元への熱い思いも合わせてお伝えしよう。

バックナンバー

2019年10月13日(日)放送

2019年10月6日(日)放送

2019年9月29日(日)放送

2019年9月22日(日)放送

2019年9月15日(日)放送

2019年9月8日(日)放送