社名になじみがなくても製品はよく知られていたり、気づかないうちに身の回りにたくさんあったり。
そんな“せとうち”が誇る企業のトップに“夢”を、“いい話”を語っていただくロングインタビュー。
ユニークで元気な事業展開をしている企業の意外な一面を、石田好伸が聞きます。

2018年10月14日(日) 放送 [ 再放送:2018年10月15日(月) ]

(有)松永建材店(津山市)

(有)松永建材店(津山市)

代表取締役 松永真樹 氏

津山市神戸、作楽神社にほど近いところに大きく看板を
掲げる松永建材店、昭和20年創業の老舗企業である。
当時、家の内外壁や五右衛門風呂、台所の流し、玄関の三和土(たたき)などは、
すべて左官の仕事で、松永建材店は左官が使う建材や工具を販売する会社だったのだ。
時代は変わり、ユニットバス、システムキッチン、フローリングと
工場生産の製品が主流となるが、松永建材店は「健在」だ。
強みのひとつは、職人と客をつなぐ存在になれたこと、家に関する“何でも相談”に
乗れるのだ。そしてもうひとつが、地元産のヒノキを使ったオーダーキッチンを
開発したことである。田舎のカッコよさを発信しつつ、小さくても強い経営を目指す
松永社長43歳にトップインタビュー。

バックナンバー

2018年11月11日(日)放送

2018年11月4日(日)放送

2018年10月28日(日)放送

2018年10月21日(日)放送

2018年10月14日(日)放送

2018年10月7日(日)放送