社名になじみがなくても製品はよく知られていたり、気づかないうちに身の回りにたくさんあったり。
そんな“せとうち”が誇る企業のトップに“夢”を、“いい話”を語っていただくロングインタビュー。
ユニークで元気な事業展開をしている企業の意外な一面を、石田好伸が聞きます。

2018年4月15日(日) 放送 [ 再放送:2018年4月16日(月) ]

(株)バイストン(倉敷市)

(株)バイストン(倉敷市)

代表取締役 武鑓篤志 氏

トートバッグや帽子の素材として人気の高い「帆布(はんぷ)」。
バイストンは、倉敷帆布の製造販売メーカーだ。その歴史は古く、
創業は100年前にさかのぼる。ということは、そもそもどんなところに
帆布は使われていたのだろう。古くは、学生かばん、テントの生地などが
思い浮かぶが、意外なことに全国津々浦々のあるところで
今でも使われているのだ。帆布の歴史と、社名の由来、シャトル織機の
話題など、古くて新しいパイオニア企業のトップにインタビュー。

出荷を待つ倉敷帆布

出荷を待つ倉敷帆布

1世紀働き続けるシャトル織機

1世紀働き続けるシャトル織機

バックナンバー

2018年7月15日(日)放送

2018年7月8日(日)放送

2018年7月1日(日)放送

2018年6月24日(日)放送

2018年6月17日(日)放送

2018年6月10日(日)放送