社名になじみがなくても製品はよく知られていたり、気づかないうちに身の回りにたくさんあったり。
そんな“せとうち”が誇る企業のトップに“夢”を、“いい話”を語っていただくロングインタビュー。
ユニークで元気な事業展開をしている企業の意外な一面を、石田好伸が聞きます。

2018年3月25日(日) 放送 [ 再放送:2018年3月26日(月) ]

(株)池田本店(高梁市)

(株)池田本店(高梁市)

代表取締役 池田幸則 氏

池田本店がある高梁市川上町は、まんがの町、同時に隣りの成羽町と同じく
化石の町でもある。池田社長の家では、ドアストッパーが化石なんだとか。
さて、池田本店は、戦後シベリア帰りの曽祖父が魚の行商からスタート、地域スーパーと
仕出し料理を事業としている。父の代、昭和36年に会社組織とし、調理加工を
行うようになってからは、地域の冠婚葬祭料理を一手に引き受けてきた。
そして今、中山間地域の例にもれず、高齢化と人口減少の波は容赦ない。
そんな中、地域を支え続けるのは、リアルな店舗ではないだろうか。
足を運び、買い物をし、知り合いと談笑する、みんなで作った
最強のコミュニケーションの場、それが池田本店なのだ。

バックナンバー

2018年12月9日(日)放送

2018年12月2日(日)放送

2018年11月25日(日)放送

2018年11月18日(日)放送

2018年11月11日(日)放送

2018年11月4日(日)放送