社名になじみがなくても製品はよく知られていたり、気づかないうちに身の回りにたくさんあったり。
そんな“せとうち”が誇る企業のトップに“夢”を、“いい話”を語っていただくロングインタビュー。
ユニークで元気な事業展開をしている企業の意外な一面を、石田好伸が聞きます。

2018年3月11日(日) 放送 [ 再放送:2018年3月12日(月) ]

(株)三光システム(高松市)

(株)三光システム(高松市)

代表取締役 竹内宏器 氏

脱サラして、理想の会社を作るのだ!サラリーマンなら一度は夢見る
秘めた思いだ。が、現実は厳しい。まして、40年以上も前の
システム業界なら、なおさらである。しかし、ここに紙と鉛筆の
プログラムのパーツ制作からスタートし、大手システムメーカーと堂々と勝負してきた
一人の男がいる。竹内宏器社長だ。
大学紛争真っ盛りの時代に、四国の大学を卒業、経理を勉強して
就職先が、キャバレー経営会社。そこで見つけたホコリをかぶった
1台の小さなコンピューター、それがすべての始まりであった。
中四国で8割のシェアまでいった年金システムを柱事業に
71歳の社長は、まだまだ燃え盛っているのである。

バックナンバー

2018年6月17日(日)放送

2018年6月10日(日)放送

2018年6月3日(日)放送

2018年5月27日(日)放送

2018年5月20日(日)放送

2018年5月13日(日)放送