社名になじみがなくても製品はよく知られていたり、気づかないうちに身の回りにたくさんあったり。
そんな“せとうち”が誇る企業のトップに“夢”を、“いい話”を語っていただくロングインタビュー。
ユニークで元気な事業展開をしている企業の意外な一面を、石田好伸が聞きます。

2017年11月26日(日) 放送 [ 再放送:2017年11月27日(月) ]

(有)内田縫製(津山市)

(有)内田縫製(津山市)

代表取締役 内田政行 氏

40年前のジーンズブームを、リアルに体験している世代は、
今、50代後半から団塊世代だろうか。とにかく作れば売れた、どんなジーンズでも、だ。
県下に下請け産地が生まれ、津山にも数社が誕生。しかし時代は移り
スタイルの変化で下請け産地は減り続け、津山で生き残ったのが、内田縫製である。
その内田縫製が作るオリジナルジーンズが、今、東京を中心に大人気なのだ。
発端は、新橋のとっとり・おかやまアンテナショップである。
内田縫製が作ったその名も「さくらジーンズ」。
経糸を桜色に染め、その後インディゴで染めたジーンズは、はくほどに
身に着けたその人独特の色合いが出てくるのだ。
「世界に1本、わたしのジーンズ」、量産はできない、するつもりもない。
東急ハンズが、三越が、伊勢丹が さくらジーンズを追っかける。
内田縫製、さくらジーンズの誕生秘話をインタビュー。

さくらジーンズの変化を楽しむ

さくらジーンズの変化を楽しむ

バックナンバー

2017年12月10日(日)放送

2017年12月3日(日)放送

2017年11月26日(日)放送

2017年11月19日(日)放送

2017年11月12日(日)放送

2017年11月5日(日)放送