社名になじみがなくても製品はよく知られていたり、気づかないうちに身の回りにたくさんあったり。
そんな“せとうち”が誇る企業のトップに“夢”を、“いい話”を語っていただくロングインタビュー。
ユニークで元気な事業展開をしている企業の意外な一面を、石田好伸が聞きます。

2017年11月5日(日) 放送 [ 再放送:2017年11月6日(月) ]

林電化工業(株)(岡山市南区植松)

林電化工業(株)(岡山市南区植松)

代表取締役 林 泰弘 氏

精密機械加工・部品加工メーカーである。
創業は昭和25年、3代目を継ぐのが林泰弘社長だ。
電化の2文字は、工場用の電化製品を扱う商社でスタートしたことに
由来している。倉敷・水島コンビナートの隆盛に歩調をそろえて、
販売から製造へと業態を転換していった。単品部品加工で、
顧客の信頼も厚く、特殊材料の加工技術にも定評がある。
納入先は、石油化学、重工、製鉄のほか、最近ではリチウム電池や
セルロースナノファイバーなどの業界が旬だそうだ。
44歳の林社長はじめ、30代の若い職人集団が目指す、
明日の日本を支える「ものづくり」をインタビュー。