家族の被害に光を

「胸を張って生きていきたい」これは原告の皆さんの切なる願いです。
「ハンセン病家族訴訟」は6月28日、「原告勝訴」の判決が言い渡されハンセン病元患者の家族の“人生被害”が国の政策によるものだと認められました。しかし、今もあらゆる差別意識が渦巻くこの社会は、判決を我が事として受け止め、変わることができるでしょうか?
国立療養所が2つある岡山県で、ハンセン病問題を過去のものとしないために。
40年にわたり取材を続けてきたRSK山陽放送ならではのシンポジウムです。
特別ゲストは、ハンセン病問題に関心の高い、俳優の竹下景子さん。
差別・偏見の克服にむけて私たちは何をすべきか、一緒に考えませんか?

  • 第1部

    「母親がハンセン病だった」

    家族訴訟 原告団副団長 黄 光男さんの語りと歌

    「思いよ届け!」

    俳優 竹下景子さんが朗読で伝える「人生被害」

    俳優  竹下景子さん

    俳優 竹下景子さん

    ドキュメンタリー「引き裂かれた家族」で
    ナレーションを担当

  • 第2部

    パネルディスカッション
    「差別・偏見 克服のために」

    パネリスト
    • 原告団副団長 黄 光男さん
    • 弁 護 団 德田靖之共同代表
    • 九州大学名誉教授 内田博文さん
    • 俳  優 竹下景子さん
    コーディネーター
    米澤秀敏(RSK山陽放送)
     
    「原告勝訴」の判決

開催概要

開催名
今治造船スペシャル RSK山陽放送ハンセン病シンポジウム 家族の被害に光を
日時
2019年10月13日(日)
午後1:00~午後4:00(予定)
(開場は開演の30分前を予定しています)
会場
ターミナルスクエア 12階スクエアホール
(岡山市北区駅元町1-4)

※駐車場はありません 公共交通機関をご利用ください
入場料
無料 (事前申し込み必要)
応募締切
2019年9月27日(金)必着
応募方法
下記の応募フォームからお申し込みください。
事前申し込み応募フォーム ※申し込みは1枚(1回)につき5人までとなります。(複数応募不可)
 応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
個人情報の取り扱いについて
当選者発表
当選者の方に、招待状を発送いたします。
お問い合わせ先
RSKラジオ営業推進部
086-225-5545 (受付時間9:00~17:30)
主催
RSK山陽放送
特別協賛
今治造船