地震発生時の心得10か条

地震発生時の心得10か条

  1. 身の安全
    テーブルや机の下に身をかくしましょう。
  2. 火の始末
    ガスコンロやストーブなどの火を止めましょう。
  3. 出口の確保
    窓や戸は、閉めたままだと出入り口が開かなくなることがあります。
  4. 火がでたら素早く消火
    消火器やバケツにくんだ水で小火のうちに消しましょう。
  5. 落ち着いて外へ
    瓦やガラスなどの落下物に注意しましょう。
  6. 狭い路地やブロック塀には要注意
    倒れやすいブロック塀、門柱、自動販売機には近づかないようにしましょう。
  7. 山・崖崩れ、津波に注意
    市町村役場やラジオなどの正しい情報を入手し、安全な場所へ逃げましょう。
  8. 徒歩で避難
    持ち物は最小限にして、定められた避難場所へ、歩いて避難しましょう。
  9. みんなで協力、応急救護
    けが人、お年寄りなどの応急救護は、みんなで助け合いましょう。
  10. 正しい情報を入手
    デマに惑わされず、市町村役場等の正確な情報やその指示に従いましょう。





非常持出品を準備しよう

貴重品 ラジオ 懐中電灯
現金、預貯金通帳、権利証書、免許証、印鑑など 予備電池は多めに用意 予備電池も忘れずに
応急医薬品 非常食品 その他
絆創膏、傷薬、包帯、胃腸薬、常備薬 かんパン、缶詰など火を通さないでも食べられるもの、ミネラルウォーター、水筒など 下着、上着、タオル、紙おむつ、合羽、マッチなど

情報提供 岡山県消防防災課

防災情報へ戻る