岡山おでかけ羅針盤では、週末のおでかけ情報、美術館・ギャラリーなどのアート情報、スポーツイベント情報などを発信しています。

3年に一度開かれる岡山芸術交流2019が開幕です。
2回目となる今回のテーマは、「もし蛇が」、岡山市中心市街地が現代アート一色に染まります。

さまざまなアーティストが打ち出す世界観に、いつのまにか惹き込まれていきます。
3年に一度開かれる現代アートの祭典岡山芸術交流です。
メイン会場となっている岡山市北区の旧内山下小学校では、オープニングイベントが開かれました。
2回目の今回は、「もし蛇が」というテーマの下、9か国18組のアーティストが岡山の街を彩ります。
第1回と同様、海外からも多くの人が訪れています。
今回は新たな取り組みも。
海外からの来場者にも対応できるよう、英語とフランス語が話せるスタッフが常駐します。
さらに若い人たちに現代アートに触れてもらいたいと、小中高校生は無料で楽しめます。
岡山を世界中に発信する役割も担う、岡山芸術交流2019です。
11月24日まで、岡山市中心市街地をアート一色に染め上げます。