岡山おでかけ羅針盤では、週末のおでかけ情報、美術館・ギャラリーなどのアート情報、スポーツイベント情報などを発信しています。

江戸と明治の日本の絵画作品をそろえた展示会が、岡山市北区の岡山県立美術館で始まりました。

江戸時代から明治時代の、約200年の間に描かれた作品が、所狭しと並んでいます。
岡山県立美術館で始まった、特別展「江戸の奇跡・明治の輝き」です。
重要文化財16点を含む、約180点が訪れた人の目を楽しませています。
伊藤若冲の「花卉双鶏図」です。
色とりどりの鶏が、繊細な筆使いで描かれています。
特別展「江戸の奇跡・明治の輝き」は、岡山県立美術館で、会期を分けて4月21日まで開かれます。