岡山おでかけ羅針盤では、週末のおでかけ情報、美術館・ギャラリーなどのアート情報、スポーツイベント情報などを発信しています。

香川県漆芸研究所のこれまでの研究生の修了作品を集めた作品展が、高松市で開かれています。

香川県漆芸研究所は、蒟醤や存清、彫漆などの漆芸の技法を伝えようと1954年に設立されこれまでに400人を超える研究生が学んできました。
今回の作品展では、過去20年の研究生40人の修了作品が展示されていて、伝統をいかしながらその枠にとらわれない作品が並んでいます。
展示作品は、会期終了後に香川県に関係のある企業や団体に無償で貸し出されます。
作品展は、7月16日まで香川県文化会館で開かれています。