2019年12月13日(金) 19:10
中学校 授業時間「足りなくなる恐れ」

中学校 授業時間「足りなくなる恐れ」

昨年度、倉敷市の市立中学校の多くが、文部科学省の定める授業の時間数に達していなかったことがわかりました。
また、今年度も、このままでは授業時間数が足りなくなる恐れがあることも明らかになりました。

RSKが情報公開請求で入手した資料の写しです。
資料は、岡山県教育委員会が政令市の岡山市を除く、県内の公立の小・中学校の授業時間数について調査したことを示すものです。
県教委は、来週にも調査結果を公表する方針です。
また、RSKが取材したところ、倉敷市の大部分の中学校で、昨年度の授業時間が足りていないことが、判明しました。
また、今年も授業時間が不足する恐れがある学校があることもわかりました。
中には、体育祭の準備に3日間を充てていた学校もあり、倉敷市教育員会は学校側に聞き取りも行っていました。
授業時間が不足すると、生徒たちは、教科書の範囲が終わらないまま、受験に臨まなければならない恐れもあります。
岡山県教育委員会は、今回の調査結果を踏まえ、授業時間を確保するよう改めて指導する方針です。

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
BSS TYS RCC ITV KUTV