2019年10月29日(火) 12:10
高松市「日本建築の自画像」展

高松市「日本建築の自画像」展

歴史的にも価値がある建築物の模型などを展示した、「日本建築の自画像」が高松市の香川県立ミュージアムで開かれています。

1910年の日英博覧会に出品された法隆寺金堂の模型です。
これまでは、門外不出と言われてきました。
今回の展覧会は、「日本建築」というイメージを建築家や地域など様々な視点から紹介しています。
耐震工事が進められている香川県庁の東館は、模型や図面などを通して設計した丹下健三の思いを垣間見ることができます。
「日本建築の自画像探求者たちのもの語り」は、香川県立ミュージアムで12月15日まで開かれます。

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
BSS TYS RCC ITV KUTV