2019年10月23日(水) 19:10
秋の風物詩 下津井のタコ漁が解禁

秋の風物詩 下津井のタコ漁が解禁

10月に入り、瀬戸内の秋の風物詩、下津井のタコ漁が解禁されました。

瀬戸大橋がまじかに見える下津井沖、23日朝も、早くからタコ壺漁に出る、石津雅裕さんはこの道38年の漁師です。
いつもならそろそろ最盛期の下津井のタコ漁ですが、今年は少し風向きが違うようです。
昨年の豪雨や、10月に入っても暑い日が続いていることが影響しているのか、なかなかタコの姿が見られません。
船に乗って2時間近くがたちようやく、この時期にしてはまずまずの大きさのタコ。
ただ、23日の水揚げは25匹、大漁とはいえません。
いつもならタコ漁に湧く漁協も少し元気がありません。
もう少し海水温が下がるのを待つしかありません。
瀬戸内の秋の風物詩タコ漁。
今年は少し訪れが遅くなりそうな下津井の秋です。

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
BSS TYS RCC ITV KUTV