2019年6月16日(日) 11:50

通学路の犯罪・不審者情報が増加

今年1月から5月にかけて
岡山県の通学路などで
子どもが被害にあった犯罪や不審者の情報が
400件近くあったことが分かりました。


岡山県警によりますと、
通学路などで子どもが被害にあった犯罪や
不審者に関する情報は、
今年に入ってから5月末までに387件ありました。
去年の同じ時期と比べて58件増えています。
発生した時間は下校の時間帯が最も多く、
全体の約6割を占めています。
また、男女別では女子の被害が8割ほどで、
特に1人で行動している時が
全体の6割にのぼっています。
内容としては、不審者に声をかけられたり、
公園や駅で盗撮されたりすることが多くなっています。
岡山県警は、不審者の情報などを
家や学校で共有してもらい、
地域ぐるみで防犯意識を高めてほしいと
呼びかけています。

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
BSS TYS RCC ITV KUTV