2018年11月22日(木) 19:10
岡山駅前広場 デザイナーを選定

岡山駅前広場 デザイナーを選定

路面電車の乗り入れが計画されている新たな岡山駅前広場のデザイナーに、岡山理科大学の准教授が経営する設計建築事務所が選ばれました。
岡山が誇る庭園、後楽園をモチーフにしたデザインを基に、これから具体的な案が決められます。

岡山駅前広場の案内所やバス乗り場などを、後楽園の建物に見立てたデザイン案です。
全体を覆う屋根はなく、駅の東口を出た途端に展望が開けます。
路面電車の乗り入れを含めた、駅前広場のあり方を検討する会が開かれ、今後、具体的な広場のデザインをするデザイナーが発表されました。
選ばれたのは、岡山理科大学で准教授を務める弥田俊男さんの設計建築事務所です。
岡山市が今年5月に決めたレイアウト案に基づき、デザイナー6者が提案したデザインの候補から、有識者や市民の意見を基に審査しました。
また、レイアウト案についても、路面電車の停留所の形状の変更などが報告されました。
岡山市は、今後、デザイナーや専門家などとともに新たな駅前広場について検討し、今年度末には具体的なデザイン案を決めることにしています。

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
BSS TYS RCC ITV KUTV