2018年12月18日(火) 19:10
12月にシャインマスカット

12月にシャインマスカット

岡山を代表する秋の味覚シャインマスカットを冷蔵保存して、年末商戦に出荷する取り組みが本格化しています。
その狙いと支える技術に迫りました。

足早に車に運び込まれているのは、10月中旬に収穫されたシャインマスカットです。
冷蔵コンテナで2か月間、保存されてきました。
JA全農おかやまが岡山大学農学部と協力して行う、今年が初めてとなる出荷作業です。
コンテナに残るシャインマスカットへの外気の影響を少なくするために、急がなければなりません。
冷蔵ものは、繊細な商品です。
冷蔵ものをお歳暮などの需要が高まる年末に出荷する取り組みは、5〜6年前から全国で始まっています。
現在のシャインマスカットのハウスです。
収入が途絶える冬に、新たな商機が生まれることに生産者も関心を示します。
期待は高まります。
岡山大学で、ぶどうの生産者らを対象に冷蔵ものの研究成果が披露されました。
新たなビジネスにつながるか。
JA全農おかやまでは、首都圏の百貨店などでの販売を見込んでいて、反響を見て来年度の出荷計画を練る予定です。

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
BSS TYS RCC ITV KUTV