2018年9月25日(火) 19:10
あじさいグループ理事 起訴

あじさいグループ理事 起訴

おととし、障害者の労働時間を水増しし補助金を騙し取ったとして逮捕された、倉敷市の「あじさいの輪」の理事の男が起訴されました。
また、去年も同様の手口で詐欺を行った疑いで再逮捕され、被害額は約1億4000万円にのぼるとみられます。

詐欺の罪で起訴されたのは、倉敷市の楠田崇被告です。
起訴状によりますと、楠田被告は、障害者就労継続支援A型事業所を運営する「あじさいの輪」で理事などを務めていましたが、おととし、障害者の労働時間を水増しして補助金を申請し、雇用を支援する独立行政法人から6000万円以上を騙し取った罪に問われています。
また、同様の手口で、去年も、約7600万円を騙し取っていた疑いで25日、再逮捕されました。
被害総額は、約1億4000万円にのぼるとみられています。
警察は認否を明らかにしていませんが、余罪や共犯者についても調べています。

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
BSS TYS RCC ITV KUTV