2018年7月22日(日) 13:00

猛暑の中 ボランティアも奮闘

西日本を襲った豪雨の被災地では
22日も厳しい暑さの中
住民やボランティアによる
復旧作業が続いています。
気象台では高温注意情報を出して
熱中症に最大級の警戒を呼びかけています。



浸水により大きな被害を受けた
総社市下原では
住民や各地からやってきたボランティアが
地域に流れ込んだゴミなどの
片付けに追われました。
22日午前10時までの最高気温は
岡山で32.4度、
倉敷で31.1度など
すでに30度を超える
厳しい暑さの中での作業です。
日中の最高気温は
岡山で36度と予想されており
岡山地方気象台では
熱中症の危険が特に高いとして
高温注意情報を出し
充分な対策を取るよう
呼びかけています。

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
BSS TYS RCC ITV KUTV