2018年7月17日(火) 12:10
厳しい暑さ 被災地での作業を困難に

厳しい暑さ 被災地での作業を困難に

甚大な被害を出した西日本豪雨の被災地では、17日も、復旧に向けた動きが続いていますが、朝からの厳しい暑さが作業を困難にしています。

倉敷市真備町の被災地では、17日も自衛隊などが災害ごみの片づけなどに当たっています。
岡山市東区で決壊した砂川の仮復旧工事現場では、土のうが堤防の高さに達したため、岡山市は、平島小学校区に出していた緊急の避難指示を解除しました。
倉敷では、午前11時までに気温が33度を超え、片づけをする人たちも暑さとの闘いになっています。
このあとも気温は上がる見込みで予想最高気温は岡山で37度、倉敷で36度となっています。
気象台では、岡山県に高温注意情報を出し、注意を呼び掛けています。

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
BSS TYS RCC ITV KUTV