2018年6月18日(月) 19:10
大阪府北部で地震 岡山・香川でも揺れ

大阪府北部で地震 岡山・香川でも揺れ

午前7時58分ごろ、大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震があり、香川県では小豆島町で震度4を観測したほか、岡山・香川の広い範囲で震度3の揺れでした。
今のところ、岡山・香川で被害の情報などは入っていません。

午前7時58分、突然の激しい揺れでした。
下から突き上げるような揺れのあと、横揺れが30秒以上続きました。
震源は大阪府北部で、地震の規模を示すマグニチュードは6.1、震源の深さは13kmと推定されています。
岡山・香川では小豆島町で震度4、岡山市、倉敷市、津山市、玉野市、高松市、丸亀市など広い範囲で震度3を観測しました。
この地震による津波の心配はありません。
交通機関は終日乱れました。
山陽新幹線は岡山と新大阪の間で運転がストップし、午後3時前にようやく再開しました。
また在来線はJR山陽本線が備前市の三石より東で赤穂線は日生より東で現在も運転ができなくなっているほか、瀬戸大橋線の普通列車やマリンライナー、岡山と鳥取を結ぶスーパーいなばなどが一部で運転をとりやめました。
岡山空港、高松空港発着の空の便に影響はないということです。
大阪では3人が死亡し、140人以上がけがをしたとみられる地震です。
岡山市北区に本部を置く国際医療ボランティア団体AMDAは、調整員2人を被災地に派遣しました。
まずは、現地で必要とされる医療や食糧などについて調査にあたります。
JR高松駅前の高速バスターミナルです。
香川県と関西を結ぶ18日の便は、わかっているだけで150本が運休、または引き返しました。
岡山発着の便も、約70本が運休しています。
19日は、予定通り運行される見通しです。
午後4時ごろ。
ようやく運転を再開した大阪方面からの新幹線が、JR岡山駅に到着しました。
気象庁は、今後1週間程度は同じような規模の地震が起きる恐れがあるとして注意を呼び掛けています。
岡山県教育委員会によりますと、井原高校が18日出発予定だった新幹線での東京方面への修学旅行を延期しています。

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
BSS TYS RCC ITV KUTV