2018年2月19日(月) 19:10
春は花粉から 対策商品が品薄に

春は花粉から 対策商品が品薄に

依然としてインフルエンザが猛威を振るう中で、花粉症の季節がやってきました。
加湿器や空気清浄器の需要が高まっていますが、インフルエンザ対策に多く売れたため、今は品薄の状態だといいます。
私たちは、どういった対策ができるのでしょうか。

街の人も少しずつその気配を感じ始めているスギ花粉です。
日本気象協会の予測では、岡山・香川での花粉の飛散開始は20日でしたが、先週暖かい日が続いたことで、すでに飛びはじめたとみられています。
マスクなど、さまざまな対策方法がありますが、今、ある品物が店で品薄になっています。
例年の1.5倍から2倍の売れ行きをみせているのが、加湿器と空気清浄器です。
しかし、品薄は花粉シーズンに突入する前から始まっていたといいます。
この冬猛威を振るっているインフルエンザ対策として購入した人が多いため、花粉症対策に買いたいという需要になかなか追いつかないというのです。
一方で、専門家は、日常生活の中でいくつかのことに気を付けるだけでも十分効果があると言います。
いよいよ本格シーズンに突入する花粉症です。
春をどう乗り切るかは、毎日のこまめな対策が鍵を握っています。

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
BSS TYS RCC ITV KUTV