2020年2月20日(木) 12:10
新見市 電子投票取りやめへ

新見市 電子投票取りやめへ

全国で初めて市長選などでの電子投票を導入した新見市は、今後実施を取りやめる方針を明らかにしました。

電子投票はコンピューター端末を利用して投票を行うもので、新見市は全国にさきがけ、2002年6月の市長選と市議選で初めて実施しました。
これまで合わせて4回実施しましたが、投票機器をレンタルしていた業者が撤退し、実施が難しくなったため新見市は今後使用しない方針を明らかにしました。
3月の定例議会で条例廃止案が可決されれば、今後は手書きで投票する方式に戻すということです。
電子投票は準備期間が必要でコストも高くなることから前市長の急死にともなって行われた2016年の市長選などでは使用されていませんでした。

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
BSS TYS RCC ITV KUTV