2019年2月18日(月) 12:10
岡山市 災害対策費15倍に

岡山市 災害対策費15倍に

岡山市は、一般会計で3311億円と、過去最大規模の新年度予算案を発表しました。
災害対策費は、今年度の15倍になっています。

18日の会見で明らかにしました。
一般会計は、3310億8500万円と、今年度と比べて、約139億円増え、過去最大になりました。
去年7月の豪雨を受け、排水機場などのハード面の整備に、約5億3千万円を、自主防災組織の結成促進などソフト面の整備に、約9億5千万円をあて、災害対策費全体では、今年度の約15倍となる、14億7千万円を計上しています。
また、岡山市が課題として掲げる、待機児童の解消に向け、保育士の処遇改善などに、約2億7千万円をあて、保育の受け皿確保を目指します。
新年度当初予算案は、今月20日に開会する、2月定例市議会に提出されます。

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
BSS TYS RCC ITV KUTV