2018年9月1日(土) 12:43

吉備路文学館特別展「立ちどまれば、秋。」

日本文学を気軽に楽しんでほしいと、秋をテーマにした特別展が岡山市北区の吉備路文学館で開かれています。

特別展「立ちどまれば、秋。」には、普段、文学に触れる機会が少ない人にも、文学作品の美しい描写をたのしんでもらいたいと、夏の終わりから秋を感じさせる作品約70点が展示されています。小説や随筆、俳句など岡山にゆかりのある作家の作品が並びます。人間国宝だった備前焼作家・藤原啓さん直筆の短歌は蟹の動きに夏の終わりを重ねています。この特別展は、岡山市北区の吉備路文学館で10月28日まで開かれています。

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
BSS TYS RCC ITV KUTV