2017年9月7日(木) 12:10
ほうこく先生から子どもたちへ

ほうこく先生から子どもたちへ

備中松山藩の財政危機を立て直した山田方谷について、子どもたちにも知ってもらおうという企画展が岡山市北区で開かれています。

備中松山藩の財政を再建し、閑谷学校の復興に尽くしたことでも知られる陽明学者・山田方谷です。
岡山市北区の吉備路文学館では、没後140年の企画展として、方谷直筆の書や使っていた硯などのゆかりの品約60点が展示されています。
子どもたちにも郷土の偉人について学んでもらいたいと、方谷の一生が漫画で紹介されています。
4歳の時に書いたと言われる書です。
子どもが書いたとは思えない、力強い筆遣いです。
企画展「ほうこく先生が子どもたちへ伝えたいこと」は吉備路文学館で10月29日まで開かれています。

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
BSS TYS RCC ITV KUTV