2017年3月13日(月) 19:10
徳川家ゆかりの日本人形展

徳川家ゆかりの日本人形展

徳川家ゆかりの日本人形を集めた展覧会が、岡山市北区の岡山・吉兆庵美術館で開かれています。

三頭身で色白の肌、ふくよかで愛らしい稚児の姿をうつした「御所人形」です。
会場には御所や公家の間で贈答品として重宝された御所人形や、江戸時代の雛人形など約50点が展示されています。
制作には1年以上の月日がかかったとされ、芸術的価値が高いと言われます。
「『住吉詣』光源氏」は200年以上前の作品です。
人形の衣装には、本物の着物の生地が使われています。
日本人形の粋とされる御所人形を集めた「徳川家ゆかりの人形展」は4月2日まで開かれています。

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
BSS TYS RCC ITV KUTV