気象衛星

気象衛星

最新データを10分毎に更新しています

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
2019年12月12日(木) 16:16

長男殺害の元次官が証言「震えが来るほどの恐怖を」

 農林水産省の元事務次官が長男を殺害した罪に問われている裁判で被告人質問が行われ、元次官は事件前に長男から受けた暴力に「体に震えが来るほどの恐怖を覚えた」などと話しました。

 農水省元事務次官の熊沢英昭被告(76)の裁判は、12日午後から被告人質問が始まりました。

 熊沢被告は、事件の6日前に長男の英一郎さんから初めて暴行を受けた際の心境について、「とにかく体に震えが来るほどの恐怖を覚えた」と述べました。事件当日については、「1階におりると息子が目の前に立っていた」「『殺すぞ』と言われ、本当に殺されると思い、台所に包丁を取りに行き、そのまま息子を刺した」と証言しました。

 弁護側から「息子の人生を自分の手で終わらせたことをどう思うか」と問われた熊沢被告は涙を流し、「息子にかわいそうな人生を送らせてしまった」「取り返しのつかないことをしたと後悔、悔悟の毎日を送っている」と話しました。

カテゴリー別ニュース一覧

社会

政治

経済

国際

カルチャー

BSS TYS RCC ITV KUTV