気象衛星

気象衛星

最新データを10分毎に更新しています

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
2020年2月28日(金) 07:40

NY株 1190ドル超下落、過去最大の下げ幅

 新型コロナウイルスの感染拡大に対する警戒感から、ニューヨーク株式市場では、ダウ平均株価が過去最大の下げ幅を記録しました。

 27日に記録したダウ平均株価の下げ幅=1190ドルは、2年前の1175ドルを超える過去最大の下げ幅となりました。

 6営業日連続で続落したダウ平均株価は、2万5766ドル64セントで取引を終えています。今週だけで3000ドル以上も値を下げた格好で、これはリーマンショック直後の2008年10月以来の値下がり局面ともいえます。

 トランプ大統領は26日、新型コロナウイルスの「アメリカ国内に対するリスクは低いままだ」と強調し、火消しに走りました。しかし、カリフォルニア州が検査で、33人が陽性と判明したと発表したことから、市場のリスク回避の動きには歯止めがかかっていません。

 この後取引が開始される東京株式市場への影響が注目されます。

カテゴリー別ニュース一覧

社会

政治

経済

国際

カルチャー

BSS TYS RCC ITV KUTV