気象衛星

気象衛星

最新データを10分毎に更新しています

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
2019年11月22日(金) 22:17

韓国、GSOMIA破棄を見送り

 韓国大統領府は22日夕方会見し、23日午前0時に迫っていたGSOMIAの失効を回避すると発表しました。

 韓国側の説明によりますと、韓国がGSOMIAをいつでも破棄できるとの条件付きで、今回は破棄を見送ったということです。理由について、韓国大統領府の関係者は、「韓米同盟の堅固さを傷付けられないと判断した」としていて、決定の背景にはアメリカとの関係悪化への懸念があったことを明らかにしています。

 また、韓国は日本の輸出管理強化をめぐり、WTO=世界貿易機関に提訴している手続きを停止すると日本に伝え、今後、日韓は輸出管理に関する協議を始めることになりました。

 一方、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相はG20外相会合に向かう空港で、今回の決定について「少し時間を稼げた」としたうえで、「日本の輸出管理強化措置の撤回に向けた土台を用意できた」と評価しました。

 「こちらの集会は、GSOMIAの破棄を見守るための集会だったのですが、条件付き延期を受けまして怒りを示す集会に変わっています」(記者)

 GSOMIAの破棄見送りを受け、ソウル中心部では、「屈辱的だ」などといった抗議の声があがった一方、見送りを歓迎する声も聞かれました。

 「韓国政府は、日本が輸出管理の強化を撤回しなければGSOMIAを破棄すると言っていたのに、条件付きで延期したのはおかしい」(見送り反対派)

 「お互いに仲良くやれば平和に過ごせる。GSOMIAの破棄はよくない」(見送り賛成派)

 韓国の世論調査では、半数以上がGSOMIAの破棄を支持していたため、文(ムン)大統領は今後、難しい政権運営を迫られそうです。

カテゴリー別ニュース一覧

社会

政治

経済

国際

カルチャー

BSS TYS RCC ITV KUTV