気象衛星

気象衛星

最新データを10分毎に更新しています

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
2018年12月17日(月) 20:30

日産・西川社長が会見、ゴーン前会長の後任 決定見送り

 前会長のカルロス・ゴーン容疑者が逮捕されてからまもなく1か月となる17日、日産自動車が取締役会を開き、ゴーン容疑者の後任となる会長人事について、決定を見送りました。

 「会長選については結論として、同委員会(3人の社外取締役)で継続協議したいということを受けて、これを了承した」(日産自動車 西川広人 社長)

 日産自動車の西川広人社長は、17日に開催された取締役会での議論について会見を行い、当初は17日にも決定する予定だったゴーン容疑者の後任となる会長人事について、選定を見送ったうえで、今後も社外取締役による委員会で協議を続けることを明らかにしました。

 また、ゴーン容疑者のように会長職とCEO=最高経営責任者を兼務することの是非については、「当然、考えないといけない」との認識を示しました。また、外部の弁護士らを入れたガバナンス改善の委員会を設置し、取締役に対する報酬の決め方や会長選任の前提となる企業統治のあり方などを議論したうえで、来年3月をメドに提言を受けるとしています。

 一方、提携する三菱自動車も取締役会を開き、益子会長CEOは、取締役などの報酬を決める手続きの透明性を高めるため「指名・報酬委員会」を設置したと明らかにしました。

カテゴリー別ニュース一覧

社会

政治

経済

国際

カルチャー

BSS TYS RCC ITV KUTV