気象衛星

気象衛星

最新データを10分毎に更新しています

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
2019年12月10日(火) 10:21

米、対中追加関税「15日発動」見送りか

 アメリカのメディアは9日、パーデュー農務長官が今月15日に予定されている中国製品への追加関税の発動は見送られる可能性が高いとの見通しを示したと伝えました。

 米中の貿易交渉をめぐっては農産品や金融に限定した「第一段階」の合意に向けて詰めの協議が続いていますが、アメリカは今月15日にスマートフォンなど1600億ドル分の中国製品に対し、15%の追加関税を発動する予定です。

 こうした中、ブルームバーグ通信は9日、パーデュー農務長官が「関税が発動されるとは考えていない」と述べ、15日の追加関税の発動は見送られる可能性が高いとの見通しを示したと報道。さらに、「何らかの撤回があるだろう」として、すでに発動済みの追加関税の一部を撤回する可能性も示唆したと伝えました。

 一方、パーデュー氏は「トランプ大統領は発動したいとは思っていないが、そのためには中国が何らかの行動をする必要がある」とも指摘し、中国側に譲歩を迫ったと報じています。

カテゴリー別ニュース一覧
BSS TYS RCC ITV KUTV