気象衛星

気象衛星

最新データを10分毎に更新しています

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
2019年10月18日(金) 04:52

イギリスとEU“離脱”めぐり新合意案、EU首脳会議も承認

 イギリスとEUは月末に期限が迫ったEU離脱の条件について、新たな合意案に達し、EU首脳会議はこれを承認しました。

 「EU首脳会議はこの案を承認しました。我々は最終コーナーを曲がりました」(EU トゥスク大統領)
 「この合意案はイギリスにとって素晴らしいものですし、EUにとっても同じだと思います」(英 ジョンソン首相)

 イギリス政府とEUはEU離脱の条件について新たな合意案を発表、これがEU首脳会議で承認されました。EUとイギリスは離脱条件をめぐって去年、いったん合意に達していましたが、イギリス議会がこの合意案を3度、否決。今年3月下旬に予定されていた離脱は2度にわたって延期されてきました。

 責任を取る形で辞任したメイ前首相の後任、ジョンソン首相は合意なき離脱も辞さないとの構えを見せながらEU側と交渉にあたり、今回の新たな合意案にこぎつけました。

 問題となっていたイギリスの北アイルランドの扱いについて新たな合意案では、北アイルランドはEUの関税同盟から離脱するものの、引き続き、EU単一市場の規制の一部が適用され、イギリス本土から北アイルランドに持ち込まれる物品については港などで税関検査が行われること。北アイルランドの地方議会は移行期間が終了してから4年後に今回の取り決めについて継続するか否かを採決することなどが定められています。

 新たな合意案は19日にイギリス議会にかけられます。イギリス議会が承認すれば、いわゆる合意なき離脱の混乱は避けられる見通しです。

 ただ、ジョンソン首相の与党・保守党は議会で多数を確保できていない上、メイ前首相の案に最後まで賛成しなかった北アイルランドの地域政党が今回の案についても支持できないとしているため、議会承認は予断を許さない情勢です。

カテゴリー別ニュース一覧

社会

政治

経済

国際

カルチャー

BSS TYS RCC ITV KUTV