気象衛星

気象衛星

最新データを10分毎に更新しています

ライブカメラ

中四国のニュース

中四国のニュース
2019年1月22日(火) 20:47

“勤労統計” 厚労次官ら22人処分、「不適切な取り扱いが長年継続」

 厚生労働省が実施する「毎月勤労統計調査」で不適切な手法がとられていた問題で、厚労省の特別監察委員会は、「法律違反を含む不適切な取り扱いが長年継続された」などとする調査結果を公表しました。

 「非常に重要な問題であると考えていまして、行政に対する信頼をも失わせてしまっているのではないか」(樋口美雄 委員長)

 弁護士などで構成される「特別監察委員会」は22日、調査の結果を公表し、「統計法違反を含む不適切な取り扱いが長年継続していた」などと認定しました。報告書では、「信じがたい事実で言語道断」などと厳しく批判しています。一方で、「組織的な隠蔽」については、「隠そうとする意図は認定できなかった」としました。

 調査結果を受け根本厚生労働大臣は、鈴木事務次官ら幹部とすでに退職した職員、あわせて22人の処分を発表しました。根本大臣や副大臣らも4か月分の給与を自主返納するなどとしています。根本大臣は職員に対し、信頼回復に向け全力で取り組むよう指示しました。

カテゴリー別ニュース一覧

社会

政治

経済

国際

カルチャー

BSS TYS RCC ITV KUTV